« 藤原竜也さんの「身毒丸」って | トップページ | “母子対局”ならぬ棋譜並べ »

2004.08.01

囲碁界初“父娘対決”

息子にせがまれて定期購読している「週間碁」で、小林光一・九段と小林泉美・女流名人による父娘対局があると知り、対局結果が気になっていました。「第43期十段戦」の本戦・敗者復活戦一回戦なのですが、先程Sankei囲碁Webの記事を見つけましたら、7月29日に行われたようです。泉美さんも健闘されたようですが、父光一九段の中押し勝ちでした。

囲碁のプロ棋士には、親子で同業者という方が結構いらっしゃいますので、これまでにも父子対決はあったらしいですが、父娘は初めてなのだそうです。女流棋士で本戦まで勝ち残る方が少ないという現状の中で、泉美さんが頑張っておられる結果実現した対局ですね。

亡くなれた泉美さんの母小林禮子七段は、娘も棋士の道に進んことをとても喜んでいらした様なので、もしお元気で今回の対局をご覧なれたらどんなに良かったろう、と思います。今回は残念でしたが、今後も頑張って、女流初の一般棋戦制覇を目指して欲しいなぁ、と期待しております。

|

« 藤原竜也さんの「身毒丸」って | トップページ | “母子対局”ならぬ棋譜並べ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41966/1097813

この記事へのトラックバック一覧です: 囲碁界初“父娘対決”:

« 藤原竜也さんの「身毒丸」って | トップページ | “母子対局”ならぬ棋譜並べ »