« 「新選組!」葛山武八郎の切腹 | トップページ | 光とともに… »

2004.08.15

[玉音放送」の日

お昼時、小川誠子先生の囲碁講座を見ようとNHK教育TVをつけたら、高校野球放送中でした。そうだ甲子園の季節だものね、と思った瞬間サイレンが! 今日は8月15日、毎年恒例の黙祷の時間でした。終戦の日だという事はわかっていたんですが、正午の黙祷を忘れておりました。囲碁の時間始まるよ、と呼びつけた息子とふたり、TVの前で1分間起立しました。

59年前のこの時間、ラジオの特別放送があって、昭和天皇の玉音放送が流されたんですね。今では天皇の姿や声をTVで見聞きする機会も多いけれど、当時の人々にとっては、その終戦の放送が、初めて聞く天皇の声だったそうだよ、と息子に話しました。あの独特の抑揚のある昭和天皇の話し方、特に子どもの頃TV見た札幌冬季オリンピックの開会宣言など、我々世代にはちょっと懐かしくもありますが、平成生まれの我が息子は昭和天皇の話声を知りません。

しかしあの玉音放送、私も戦争関連番組やTVドラマで聞いたことはありますが、皆さん言ってる事をすぐに理解できたんでしょうか? 子どもには意味が解らなかったけど、大人たちは敗戦を知って泣いていた、という話も聞いたことはありますが、私が当時大人でもあまり理解出来なかったかもしれません。「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」って言ってるから、負けたのかなぁー、それともそういう覚悟で一億玉砕だと言ってるのかなぁー、とか勘違いしそうな気もします。

もし負けたと理解出来たとしても、敗戦を悲しんで泣いたりしないで、今日から空襲の心配がない事を喜んだだろうと思います。負けたんだから戦勝国軍がやってきて日本は占領される、なんて事にも直ぐ頭がまわらなかったろうと思います。

そういえば若い頃、軍隊の経験もある実家の父に、「本当に天皇が神だと思ってたの?」の聞いてみた事があります。私は映像であの昭和天皇を知っているわけですから、当時だって写真で姿を見ている人を、「神なんですよ」って言われても信じる事は難しいだろうと思っていました。でも父は子どもの頃、本当に天皇は神だと信じていたのだそうです。教育って恐いですね。

|

« 「新選組!」葛山武八郎の切腹 | トップページ | 光とともに… »

コメント

終戦記念日の高校野球のあの黙祷の瞬間を、
ココログに書いてる方を自分以外にも見つけて、
初めてのトラックバックをさせていただきました。

私は囲碁も打ちますので(まだまだ初心者レベルですが)
NHKの囲碁講座も見ています。
囲碁のお話にも興味がありますので、また寄らせていただきたいと思っています。
よろしくお願いします♪

投稿: BUBI | 2004.08.16 14:53

コメント&トラックバック、ありがとうございます。
我家では、息子も高校野球にあまり興味がないようで、
囲碁講座の事がなかったら黙祷の時間をすっかり
忘れているところでした・・・。反省。

それでも、息子に何か伝えておかなければと、
玉音放送や実家の父から聞いた話をしました。

囲碁講座は息子が主に見ておりまして、
私は息子の解説なしでは良く解らない事が多いです(汗)
彼はこの間やっと昇級出来て4級になりましたが、
私自身は「1から始める梅沢由香里の碁」のレベルです。
そちらにも寄らせていただきますので、
こちらこそ、よろしくお願いします。

投稿: ヒトコ | 2004.08.16 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41966/1202088

この記事へのトラックバック一覧です: [玉音放送」の日:

» 終戦記念日 [遠き山に日は落ちて・・・]
今日は、高校野球を見ていましたら、 終戦記念日のため、お昼の12時に黙祷がありま [続きを読む]

受信: 2004.08.16 14:47

« 「新選組!」葛山武八郎の切腹 | トップページ | 光とともに… »