« 「デスノート」3巻 | トップページ | デザイン変更 »

2004.09.05

「新選組!」斎藤一がヘン(笑)

山南さんが切腹してしまって、前回は回想シーンからしんみり始まった大河ドラマ。山南さんが穏やかに覚悟の最後を迎えられたのは、恋人だった明里との安らぎの時があったからだろう、と思い至った近藤さんは、病身の深雪大夫を落籍する事を考えます。「三谷さんそう来ましたか」という感でしたが、ドラマは、この問題に正妻のつねさんが絡んで、いきなり騒動になるコミカルな展開になって、あれあれ。

その中で、いつもは我関せずでクールな雰囲気の斎藤一さんまで、余計な事をしてしまってイジイジするシーンがあって意外でした。オダギリジョーさん演じる斎藤さん、出自不明、殺し屋やヤクザ者の用心棒をやってた過去もあり、葛山さん切腹事件の時は土方側の間者のような役割あっさり引き受けたりもしたので、謎めいた影のある存在だと思っていました。だから、羽織の紐をいじくり回していじけてる斎藤さん、可愛かったですが、何か「ヘン」でした。

今日は今日とて、桂小五郎と逃げる捨助の、無茶くちゃヤケクソ火事場のバカ力的剣使いを見て、「出来る!」って、「何それ?」って感じでした。斎藤さん、相当な使い手のはずですよね。いくら捨助が武田観柳斎さんを圧倒して見せたからって、その大勘違いコミカル発言も何か「ヘン」でした。クールな斎藤さんの意外な一面、三谷さん、何か狙っているんでしょうか(笑)

斎藤一は、鳥羽伏見の敗走後、転戦して会津に至り鶴ヶ城落城を見届けた、数少ない生き残り隊士のひとりです。その後の斎藤さんは、明治政府で警察官になり西南戦争にも出陣したそうです。明治時代の実在の斎藤一もよく知らないので、私の中では和月伸宏さんの漫画「るろうに剣心」のイメージが強いんです。それも警官でありながら冷血な暗殺者の匂いがする人なんです。コミカルなイメージは欠片もありません。

警察官を退職した後、女子高等師範学校に奉職し、大正4年に72歳で亡くなったという斎藤一。本当はどんな方だったんでしょうね。

|

« 「デスノート」3巻 | トップページ | デザイン変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41966/1365671

この記事へのトラックバック一覧です: 「新選組!」斎藤一がヘン(笑):

« 「デスノート」3巻 | トップページ | デザイン変更 »