« あいさつ運動 | トップページ | 風邪気味 »

2004.09.15

何か釈然としないものが

昨日、池田小事件の死刑囚が刑を執行された。死刑確定からわずか1年、こんなに早く執行された例は、今までにあったのだろうか。

あの犯人が死刑にならない方が良かった、とは思わない。それどころか、刑が確定するまでは、精神鑑定で引っ掛かって、情状酌量なんかになったら許せない、と思っていた。けれど、こんなに早く執行されてしまうと、あの犯人だけが形だけ罪を償って全てから解放されてしまったようで、釈然としないものある。事件に遭遇して心身ともに傷ついた人々や、遺族の方々は、まだまだその傷が癒えないで、苦しい毎日を送っているに違いないのに・・・。

犯行当時、動機についての報道を聞いていて、そんなに死にたいのならひとりで勝手に死んでくれよ、と益々怒りが湧いてきた。刑が確定してからは、本人が早期執行を望んでいたというが、反省や謝罪の気持ちも無いままに、その望み通り死刑が執行されたのかと思うと、その事にまた行き場の無いやり切れなさを感じてしまう。

|

« あいさつ運動 | トップページ | 風邪気味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41966/1443695

この記事へのトラックバック一覧です: 何か釈然としないものが:

« あいさつ運動 | トップページ | 風邪気味 »