« ヒカ碁カレンダーとスリッパの話 | トップページ | 電車の中の携帯事情 »

2004.10.16

生きてるだけで丸儲け

この言葉、明石家さんまさんにお嬢さんが生れた時、その命名の由来として話してたのを聞き覚えています。私は見てないので知りませんでしたが、近頃ではNHK朝の連ドラで、田中裕子さん演じるヒロインの母の口癖として知られているそうですね。

「夜回り先生」を読んで、この言葉を思い浮かべました。昨夜は、ETV特集の再放送をみました。水谷先生が、悲しく悔しそうに語っていたのは、出会ったのに結局死なれてしまった子どもたちの事でした。生きてさえいてくれれば、明日に続く道があったのにと。そして、子ども達を死に追いやってしまったのは、自分達大人なんだと。

以前、スクール・ソーシャルワーカーの山下英三郎さんの講演を聞く機会がありました。

子どもは、「大人は解ってくれない」とコミュニケーションを拒否しようとする。それは、大人に言えば返って傷つけられると思っているからです。大人は大人としての見解を押しつける前に、彼らの言い分を受容する事が大切なのです。

時折「子育てを間違った」などどいう事を耳にしますが、これだけは言って欲しくありません。それは命に対する冒涜です。生きていると言うことは、それだけで成功しているのです。その存在は尊重されるべきものであり、存在していることは奇跡なのです。
というお話を、山下さんもされていました。昔から「這えば立て、立てば歩めの親心」と言いますが、何かが出来る様になったその時は嬉しく思っても、次の瞬間にそれは出来て当り前の事になり、常にもっと出来る様になる事を望んでしまいがちです。でも、何でそれを思うのかと言えば、より良く生きられる様になって欲しいからです。色々な経験を積んで、色々出来るようになって、自分なりの生き甲斐見つけて、生き抜いて欲しいからです。

そして、事故や病気、あるいは戦争や事件に巻き込まれて命を落とすような事無く、ましてや自分で自分の命を奪ったりする事無く、まさに無事に天寿を全とうして欲しい、というのが親としての最終的な願いです。ついつい子どもの将来が不安になって、あれこれ口煩くなりがちですが、今元気でいてくれる事に感謝しなくては、と思いました。

・・・思いましたが、「受験生なんだから少しは勉強しろ」と言いたい自分が、横から悪魔の囁きを・・・。昨夜の放送が始まった時息子はまだ起きていて、「子供をを誉めた数と叱った数とどっちが多いですか?」という水谷先生の質問を聞いていました。絶対叱った回数が多いと思いつつ、「当事者としてどう思う」と息子に訊ねたら、うーん、と悩んで「中学になってから誉められた事あったかなぁ。1度位しか覚えてない」と答えました。ショック、自分ではもっと誉めてるつもりだったけれど、何か息子には誉められたと感じてもらえてなかったのかな。息子にハッパをかけるその前に、伝えなきゃいけない事がありますね。

|

« ヒカ碁カレンダーとスリッパの話 | トップページ | 電車の中の携帯事情 »

コメント

はじめまして。
私も子供を育て始めてから、誉めるより叱った数の方が多い一人です。
本当に、生きてるだけで感謝なのに、次から次へと欲が出て困ったものです。
実際、娘がまだ1歳の頃、とある病気で全身麻酔をかけられた時には、
手術室から出てきた時に、無事に目覚めてくれさえすれば何もいらない!!と
強く思ったものです。(その気持ちには偽りはないんですけどね。)
ちょっと、反省です。


投稿: なお。 | 2004.10.17 00:19

なお。さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

お嬢さん、1歳で全身麻酔が必要なご病気をされたなんて、本当にご心配でしたね。
赤ちゃんの頃って、ちょっと熱出しただけでもオロオロしますもの。
そんな病気の時の事や、無事に生れて来てくれた時の事を考えたら、
生きててくれるだけで感謝しなきゃ、と思うんですが、
大きくなると、年齢に応じて色々と要求したくなっちゃいますね。
あれもこれも未だ出来ない、と叱る前に、
出来てる事をちゃんと誉めるようにして行きたいと、私も反省しました。

投稿: ヒトコ | 2004.10.17 21:16

「もう少し誉めてくれたら、勉強していたかもしれない」とは息子の弁。

ヒトコちゃん同様、私ももう少し誉めているつもりでしたが、本人は誉められた記憶がほとんどないようです。
こと、テストの点数に関しては、本人には「改心の出来」であったとしても、結果を生み出す努力をしているところを見たことがないし・・・(彼の「改心の出来」はクラス平均より下だったりするのでf(^^;))「はん」なんていう反応しかできなかったわけです。

「誉められたければ、誉められるようにしたまえ」と言ったら「誉めるときは、誉めてるとわかるように言ってくれ」と言い返されました。
こんな、他愛ない言い合いができるのも、元気で大きくなっているからに他なりませんけどね。

投稿: poponta | 2004.10.18 08:06

誉めてるつもりなのに、誉められた記憶がないって、ウチだけじゃなかったんですね。あんまり大げさに誉めると嘘くさくなるだろうとか、これを誉めたら図に乗るだろうとか思って、控えめに誉めるようにした事もありましたが、盛大に誉めた方がよかったのかなぁ、と考えちゃいました(^^;)

「誉めるときは、誉めてるとわかるよう」しないと記憶に留めてもらえなのかもしれませんが、叱った時の事は、ちょと叱ったつもりが倍増して感じられる様で、その上こっちが忘れててもすごーく記憶に残ってるみたいなんです。先日も「毎日朝から怒鳴らないでよ!」と言われたんですが、たまには怒鳴ったかもしれませんが、なるべく穏やかに注意する様に努力しているんですよ。こんなところから、親子の見解の相違が生れているんですね(笑)

投稿: ヒトコ | 2004.10.19 18:50

こんにちは。先日は丁寧なコメントのレスありがとうございました。
この間、息子が全身びしょ濡れになって、学校から帰ってきました。傘を盗まれたと言って。自分もカッとして、人の傘を盗んで帰ろうかとも思ったそうですが、思い直して濡れて帰ってきたそうです。
私は最初その姿を見て、怒ってしまったんですよね。可哀想に思う気持ちが「何で傘を借りるか、買うかできなかったの」と
いう気持ちに摩り替わってしまって…。
後から落ち着いて考えると、後悔しまして。
翌日夫と二人で「仕返しに人の傘を盗らないで偉かったね」と褒めました。息子はとても、うれしそうな顔をしていました。
褒める時にはきちんと褒めてやらねば、と改めて思いました。
このエントリーも参考になりました。翌日、傘は戻っていたそうです…。

投稿: riro | 2004.10.20 16:57

riroさん、濡れて帰ってきた息子さんを怒ってしまう気持ちわかります。でも、その時の状況を息子さんから聞いていて、翌日ちゃんと褒めてあげたriroさんご夫妻こそ偉いです。後になってからって、中々言い出せないものですよね。私も参考にさせていただいて、「褒めらた記憶が無い」と思わせない様に、ちょっと気を配りたいと思います。
傘、戻ってきて良かったですね!
それから、お名前直しておきました。

投稿: ヒトコ | 2004.10.20 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41966/1697856

この記事へのトラックバック一覧です: 生きてるだけで丸儲け:

» She is a fantastic student ! [普通の専業主婦だって、文句があるさ!]
遅出しトラバで恐縮ですが、「褒める」繋がりでTBさせて頂きました。 [続きを読む]

受信: 2004.10.20 23:56

« ヒカ碁カレンダーとスリッパの話 | トップページ | 電車の中の携帯事情 »