« それでも日常は明け暮れる | トップページ | ツナマヨおにぎりと豚丼 »

2004.10.28

学校図書室のマンガ

地区委員会の用事があったので、今日は仕事の休みを入れていました。午前中は役員会で小学校のPTA室へ、午後は合同行事の打合わせの為に児童館へ。合間の昼休みに、息子の中学の図書ボランティアに行って来ました。

息子の中学にはソーラン節を踊る有志の会があって、今日は昼休みにその練習があるらしく、図書室利用者は30名程と、いつもの半分位でした。ソーラン節の会は、体育祭などの学校行事で躍る他に、地域行事があると踊りに行っているので、今週末あたりに何かあるのかもしれません。ちなみに息子は興味が無いらしく、一度も参加した事がありません。私はそういうの好きなんだけどなぁ。

話がそれてしまいましたが、昼休みの図書室では、座ってちゃんと本に向かっている生徒の半数がマンガを読んでいました。マンガは置いているけれど貸出し禁止なので、この時間に読むしかないわけですが、他の本にも目を向けて欲しいなぁ、とは思います。1学期あたりまでは、横山光輝さんの「三国志」などが人気あった様ですが、このところは「ブラックジャック」を読んでいる男子が多いですね。やっぱりアニメの放送が始まった影響でしょうか。女子はあまりマンガを読まないそうですが、今日は軽部潤子さんの「君の手がささやいている」を読んでる子がいました。

今の司書の方が来られる様になって3年位ですが、元々ここの図書室にはマンガがあったので、扱いにつては色々悩まれているようです。「保護者の目から見て、学校の図書室にマンガを置いているなんて変だと思われますか?」と聞かれた事もあります。去年まであったジャンプ系コミック(ワンピースやドラゴンボール)は、生徒がその棚の周辺に集まってしまうのと、乱雑に扱ったり、貸出し禁止なのに勝手に持出しりするので、置くのを止めたそうです。私は自分もジャンプ系マンガ好きなので、生徒たちが読む事自体は悪いと思いませんが、学校図書室に置かなくてもいいとは思います。「そういうのは小遣いで買って読みましょう」と息子にも言ってます。

ただ、マンガを読む事自体は良いと思うんです。マンガから入って活字文化に親しんで行くこともあるでしょうし、うちの中学の場合だったら、図書室に親しんで、いつか卒業した後にでも市立図書館への敷居が少し低くなっていればいいなぁ、くらいには思います。私が中学生だった大昔には、「マンガばっかり読んでるんじゃありません!」と怒る大人が多かった訳ですが、そんな時代にも、我が担任の理科教師は「お前達、せめてマンガでもいいから、少しは文章を読みなさい」と言っておりました。先見の明があったと言うか何と言うか、そいう心配はあの頃から始まっていたんですね。

先日、米百俵さんで「マンガも読めない小学生」という記事を読ませていただいて、自分の中学時代を思い出していました。マンガでも、読まないよりは読んだ方が良いと私も思います。マンガも読まない子に、いきなり「本を読め」と言っても、よほど興味を惹かれるモノがなければ手を出さない気がしますので、少し長い目で見るしかないのかなぁ、思います。高校生になった時に、本もマンガも読む人になっている事を期待しましょう。

|

« それでも日常は明け暮れる | トップページ | ツナマヨおにぎりと豚丼 »

コメント

トラックバック・コメントありがとうございました。
まんがばっかり読んでるの問題ですが、「漫画も読めない」のは深刻な問題だと思います。
「ブラックジャックによろしく」のように社会に大きな影響を与えるレベルの高い漫画も生み出す日本の漫画文化は世界に誇れる文化のひとつになりました。
図書室にどこまで漫画を置くかは難しい問題ですが、一生懸命考えてくれる司書さんとボランティアのいるお子さんの学校は恵まれていますね。

投稿: しろうさぎ | 2004.10.29 06:56

こんにちは。
我が子の小学校の図書室にも「ブラックジャック」があり
人気だそうです。
学習マンガ(歴史や人物伝、科学)も人気があるようですよ。

私もマンガ読むのいいと思います。
ただ、ドギツイ表現のマンガは、
ちょっと大人になってから読んで欲しいかな(笑)
マンガでも辞典でも通販のカタログ(コレはうちの娘)でも
文字に触れる機会は多いほうがいいですよね。

投稿: わち | 2004.10.30 15:09

コメントありがとうございます。

>しろうさぎさん
「ブラックジャックによろしく」私はドラマをちらっと見ただけで、漫画は読んでいないんですが、取上げられているテーマは、とても重い社会性のある問題ですよね。ネット上で見かけた感想などでも、大人にも充分読み応えのある作品のようですし。
息子の学校には大和和紀の「あさきゆめみし」もあるのですが、私自身連載当時読んでいて、古典「源氏物語」から直接読み取る事が難しい登場人物の苦悩などがよく伝わって、古典源氏の素晴らしさも理解出来るようになった思い出があります。
それから、司書の方がいて下さって、生徒たちは本当に図書室を利用しやすくなっていると思います。調べ物学習の相談や図書委員の指導もして下さってますし。市の予算がずーっと付くと良いのですが・・・。

>わちさん
「ブラックジャック」小学生にも人気なんですね。
日本の歴史のような学習マンガは中学にもあります。それから古典文学のマンガも揃っていました。「雨月物語」などもありましたが、誰か読んだかしら・・・。
うちの息子は文章読むのが嫌いなので、マンガでも読んだ方がいいのかも、と以前から思っていました。あとは趣味系の雑誌「卓球王国」と「週刊碁」は毎号見ているんですが、どのくらい読んでいるものやら。 活字にふれる機会が少しでもあれば、いずれ必要な時に本を手にしてくれるかも、と期待してます。

投稿: ヒトコ | 2004.10.31 02:07

こんばんは。
小学生の娘が学校で「光とともに…」の本を借りてきました。
どうやら最近図書室に入ったのを見つけたようです。
たちまちクラスの子に人気の本になり、予約が沢山入っているので、
娘は一日に一巻づつ借り、次の日に返却した本を友達が借り…、
という具合だそうです。
学校には5巻までしかなかったのですが、別の友人が全巻持っている事を
聞き付け、その子に6巻を借りるそうです。
私も一緒に毎日、一巻ずつ読んでいますが、夢中になって読んでしまいます。
我が家も漫画から知識、感動、情報を得る事が多いですね。
「ブラックジャック」も全巻ありますが、良質の漫画は、子供も大人も楽しめます。

投稿: riro | 2004.11.07 23:38

riroさん、コメントありがとうございます。
小学校の図書室に「光とともに…」があるんですね。もともとが大人向けに描かれているマンガですし、自分は親として大人としての視点で読んでしまいますが、お嬢さんたちは、光君たち子どもの立場から読んでいくのでしょうね。riroさんのようにお母さん方も読んでみたら、夢中になる方いらっしゃいますよね、きっと。親は色々考えさせられる事も多いです。それで、親子でこのマンガについて話せたりするのもいいですよね。

中学生にも読んでほしいと思っているんですが、うちの学校図書室では今後マンガは購入しない方針のようです。でも私は、先生方にも読んでいただきたい気がしますので、自分の本が貸出しから戻って来たら、紹介してみようと思っています。

昨日も図書室に行ってきましたが、「ブラックジャック」は人気でした。うちの息子は「火の鳥」をNHKのアニメで見て、マンガも読みたいと思ったらしいのですが、ジャンプ系読みだけも忙しいので受験が終わってから読めば、と言ってあります(^^;) 以前読んだ「風の谷のナウシカ」は先輩に貸出してるらしいです。

投稿: ヒトコ | 2004.11.09 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41966/1799113

この記事へのトラックバック一覧です: 学校図書室のマンガ:

» 「読書」はいいこと?悪いこと? [遠き山に日は落ちて・・・]
 「本を読む」ということには様々な効用があって、子供も大人も「本を読む」ことは良 [続きを読む]

受信: 2004.10.29 12:34

» 子供の本 [米百俵]
網上徒然話のヒトコさんの「学校図書室のまんが」にトラックバックします。 息子が中 [続きを読む]

受信: 2004.10.29 15:26

« それでも日常は明け暮れる | トップページ | ツナマヨおにぎりと豚丼 »