« 学校図書室のマンガ | トップページ | 「まんがの日」 »

2004.11.03

ツナマヨおにぎりと豚丼

初めて作りました。
休日は普段にも増して寝坊すけの我家。朝食が遅くなるので、何となくブランチな感じになります。でも、午後出かける事が多い息子は、お昼の時間には何か食べて行きたい訳で、簡単に「おにぎり」という事があります。たいがい梅干か紫(ゆかり)、あれば塩鮭やタラコになるのですが、先週末は何故か急に「ツナマヨおにぎり」を作って欲しいと言い出しました。

おにぎりにマヨネーズで和えたツナ、その存在を知った時には「邪道だ!」と思ったものですが、子ども達は好きですよね。息子もにコンビニで買って食べることがあるようです。何年か前、自分も試しに買って食べてみたら、意外と美味しい。スーパーで売ってる巻き寿司や、近所の回転寿司のメニューにもありますが、マヨネーズ味とご飯が合うとは思ってもみませんでした。

でも自分で作るのは初めてだったので、ツナとマヨネーズに醤油を少々入れてみましたが、他に何か入れたりするのか良く解らず。不器用なので握るのもちょっと大変でしたが、何とか完成。コンビニの方が美味しい様な気がするのが癪に触りますが、まあまあかなぁ。ダンナにも好評たっだので、これからは我家のおにぎりメニューにも入れる事にしました。

そして豚丼。牛丼は作りますが、これも作った事ありませんでした。
今日の昼、またまた遅い朝食だったので自分も空服にならず、正午になっても食事の支度をしていなかったら、「昼ご飯は?」と息子が声を掛けて来ました。「もう食べるの?」と乗り気でない私を見て、同じくまだ食べたくないダンナが、「割引券あるからひとりで豚丼食べて来たら?」と提案。中学生なんだからひとりで行けるだろう、と我がダンナ。何度か食べた事があるので、豚丼には心ひかれた息子ですが、ひとりで店に入る気はしない様子。確かに我家から徒歩10分以内の所に吉野屋さんがあるんですけど、私も中学生をひとりで行かせるのは嫌だったので、急遽我家で作る事にしました。

冷蔵庫に豚肉が残っていたので、玉葱入れてさっと煮込んで、ひとり分位は出来ました。吉野屋さんのお味を参考にすると、牛丼ほど甘くしてないところが豚肉に合ってましたので、それを採用。くやしい事に、牛丼同様、吉野屋さんに負けるような気はしましたが、息子はまあ美味しい、と言って作った分は全部食べてくれました。牛丼作った時は、はっきりと「吉野屋の方が美味しい」と言われた事があるので、良しとしましょう。

しかし、ツナマヨにしろ豚丼しろ、比較的安価なファースト店の方が美味しかったら、家で作るより絶対お徳になっちゃいますよね。ますます料理しなくなるなぁ、私の様な手抜き主婦の場合(^^;)

|

« 学校図書室のマンガ | トップページ | 「まんがの日」 »

コメント

キンロウです、どうもです。
「ツナマヨ」おにぎりほどリーズナブルで美味いものはない
なぁと僕は思います(笑)コンビニでもツナマヨおにぎりは
105円とかですし、よくご飯にツナ乗せてしょうゆたらして
食べますよ。

牛丼、、吉野家がなかなか再開してくれませんが、あの店の
味はクセになっちゃいますね。先日再開した「すき家」「松屋」でそれぞれ一度ずつ食べましたが、なかなかでした。

投稿: キンロウ | 2004.12.01 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41966/1857532

この記事へのトラックバック一覧です: ツナマヨおにぎりと豚丼:

« 学校図書室のマンガ | トップページ | 「まんがの日」 »