« 平家物語を読もう! | トップページ | 受験シーズン突入ですが »

2005.01.14

隠れさだまさし

今頃になって年末の紅白の話なんですが、良かったです、さださんの「遥かなるクリスマス」。思えばインターネットを始めた頃には昔ほど入れ込んでなかったので、ほとんど話題にした事なかったのですが、私実は、さだまさしファンです。数年前まで、会報読みたさにファンクラブにも入っておりました。

紅白では何を歌ってくれるのか、毎回気になるところなのですが、昔のヒット曲だったりすると少々がっかりします。それが去年の暮れは、秋に出たばかりのアルバム「恋文」に入ってる曲で、私にとっても、「風に立つライオン」以来かもしれないくらい、初めて聴いた時に胸に迫るものがある曲だったのとで、とても嬉しかったです。

リアルタイムで「精霊流し」を聴いた時からですので、30年来のファンという事になりますが、アルバムだけは買っても、ここ数年はちょっと惰性で聴いてました。コンサートだって、息子が生まれてからは1回しか行ったこと無いですし。それが久々にドキッとさせられました「遥かなるクリスマス」には。身近なささやかな幸福を享受し守りたいと思う自分と、混迷する世の中の一員でもある自分。その矛盾とか不安とか、このままでいいのかという思いと今の自分達だけの平和に閉じこもっていられたらという卑怯さ。以前から幾度となく繰返し語られてるテーマだけれど、これまで以上に切実に伝わって来るように思いました。

さだまさしは暗いだの何だの言われていた若い頃、高校からのさださんファン仲間と、「普通の人は、さだまさしが好きだとしても世間に対して表明し難いのかなぁ」何ていう話しになった事がありました。本当はファンなのに言い出せない「隠れ切支丹」ならぬ「隠れさだまさし」とか居るに違いない、などと。自分達は逃げも隠れもしないけどねぇ、と笑ってましたが。別に隠してるつもりは無かったけれど、今までさださんを話題にしなかったなぁ、と「隠れさだまさし」の事を思い出してました。

|

« 平家物語を読もう! | トップページ | 受験シーズン突入ですが »

コメント

ヒトコさん、お久しぶりです。
このところヒトコさんのブログの更新が復活してくれて嬉しく思ってます。いつもチェックしてるんですよ。

私もさだまさしさん、大好きです。
初めて聞いたのは、親といっしょに車に乗ってたらラジオから流れてきた「雨やどり」だったんですが、そのあとも学校のギタークラブで「精霊流し」や「無縁坂」を弾いたりもし(笑)、アルバム「恋愛症候群」なども大好きでした。

ファンクラブには入ってませんが、コンサートにも何回か行きましたし、友達に連れられて、長崎に旅行したときはさださんのお店なども行きました。
 私もブログで特に話題にはしてませんが、きっかけがあれば「好きなものは好き」って言いたいので隠れてはいません(笑)。中島みゆきも好きだし。
 これは私の「感じ」ですが、おそらく昔よりも世の中的に、どんなものでも「○○が好き」ということを言いやすい時代になってきたような気がします。ヒトコさんはどう思います?

投稿: BUBI | 2005.01.15 13:26

BUBIさん、大変ご無沙汰しておりました。すっかり更新サボっておりましたのに、チェックして下さっていたなんて、ありがとうございます。

やっぱり好きなものは好きと言ってみるものですね。BUBIさんもさださんファンでいらしたなんて嬉しいです! 私は楽器一切ダメなんですが、ギター弾かれるなんて良いですね。「雨宿り」を初めて聴いたのは、高校の友人達と行ったコンサートでした。爆笑とほろりのうちに聴き終えて、「実は今ライブレコーディングしてます」と言われてビックリ。最終的に採用されたのは別の会場のライブだったようですが、コンサート行って良かったです。グレープ時代に出したシングルとは全くイメージの違う曲で驚きましたが、観客の反応を入れるというのは考えたなと思いました。「恋愛症候群」が入ってたアルバムって「自分症候群」ですか、私も好きでした。中々名曲揃いですよね。

たしかに、昔より世の中が多様化して来たのか「○○が好き」と言いやすくなったような気がしますね。私の場合は、漫画アニメBL小説好きなんかをプロフィールに書けちゃったのは、年のせいで開き直ったのと、ネット上で大人の同好の方をお見かけしてるから、というのもあります。そのせいか、オフライン生活の中でも色々言いやすくなった所があります。中島みゆきも、好きです。

投稿: ヒトコ | 2005.01.15 21:44

 はい♪ アルバムの名前は「自分症候群」でした~忘れてた~。あのあと久々に、昔のカセットテープを出してきて、さだまさしさんの曲を聴きました。昔、よく聴いたのに忘れていた曲をたくさん思い出して、懐かしくなりました。(「夢ばかり見ていた」とか「夢回帰線Ⅱ」などなど好きなアルバムがいっぱい出てきました♪)
 紅白では見られなかったのですが、新しいアルバムも聴いてみようかな~と思っています。

投稿: BUBI | 2005.01.19 15:51

私も紅白を見て「恋文」を聴きなおしてから、さださんの懐かしいアルバムも毎日のように聴いています。「夢回帰線Ⅱ」良かったですよね。「風に立つライオン」が入ってたパートⅠも好きです。そういえば、これがLPで買った最後のアルバムでした。今はCDで買いなおして聴いてますが。
最新アルバム「恋文」もなかなか良いですよ。あの「安眠」のマスターの息子が僕の娘に恋をするという「ローズ・パイ」という曲も入っていて、時の流れをしみじみと感じました。

投稿: ヒトコ | 2005.01.19 22:50

こんにちは。BUBIさんとこからやってきました(^^;。

さだまさしね~。いまずいぶん丸くなりましたね<肉体的に。三年坂の頃の「かまきりみたい」な表情が信じられないくらい(^^;。

その「三年坂」というアルバムの MC で「上野の不忍池の近くに無縁坂という坂があります」なんてことを言ってました。当時大阪に住んでいた私は、その言葉を確かめたくて初上京したのでした(笑)。その初上京では無縁坂やら丸善(さだまさし「檸檬」→梶井基次郎「檸檬」)やら、そういう「名所」(?)巡りをしたなぁ(笑)。

妹は毎年長崎のコンサートに行ったりもしてました。私が一度だけ仕事でさだまさしさんにお会いしたときも、「お兄ちゃんの会社でバイトしたい!」とか言っていたよなぁ(大笑)。

ああ、そういえば昔まだ「レコード」だった頃に、十枚組かなんかの全曲集みたいのが出て、それも買わされたっけなぁ…。

カラオケでは歌いにくいさだまさしだけど、「夢供養」なんかは結構カラオケでも歌えそうな曲が入っておりました(^^;。

乱入失礼いたしました。

投稿: まえだ | 2005.01.25 14:31

まえださん、初めまして。コメントありがとうございます。
私もBUBIさんのblog経由で、こっそりまえださんの所も拝読させて頂いてます。

妹さんもさださんファンでいらしたんですね。「お兄ちゃんの会社でバイトしたい!」という気持ちよくわかります。それから、十枚組というと「書簡集」でしょうか。私はお金が無くて買えませんでしたが、妹さんは良いお兄様をお持ちで羨ましいですぅ。

そうそう、さださんには御当地ソングというか名所旧跡の出てくる歌も多いですよね。私も高校3年の時、さだファン仲間と一緒に合格祈願を兼ねて、上野から不忍池、無縁坂、と通って湯島天神へ行きました。その高校の遠足が鎌倉で、自由班行動だったのを良い事に、その仲間と北鎌倉→東慶寺(縁切寺)→源氏山→集合場所の長谷の大仏と歩きましたが、源氏山越えが結構な距離で「いやーん、さださんに騙された」と文句を言いながら歩いたのが良い思い出になっています(さださんは別に騙してないんですが^^;) 鎌倉まで行って、見てきた寺が東慶寺と大仏のある高徳院だけだったというのも我が班だけだったと思います(笑)

梶井基次郎「檸檬」私も読みました。さださんの「檸檬」が無かったら、梶井基次郎の存在すら未だに知らなかったかもしれません。「無縁坂」関連で森鴎外の「雁」も読んだりしました。

だいぶ丸くなられたといえば、禁煙をされてからでしょうか。昔はホントにカマキリだの骸骨だとの言われておりましたね。当時、雑誌「ぴあ」の投稿コーナーに、意外なそっくりさんとして「楼蘭の美女(ミイラ)とさだまさし」というのが載っていたのも忘れられません。

カラオケでさだまさしって、ホントに歌える曲がなくって一般受けしそうなのは「案山子」くらいかなぁ、と思ってしまいます。「夢供養」も好きですが、カラオケに入ってる曲なんてあるんですね。

投稿: ヒトコ | 2005.01.25 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41966/2574695

この記事へのトラックバック一覧です: 隠れさだまさし:

« 平家物語を読もう! | トップページ | 受験シーズン突入ですが »