« 出力低下 | トップページ | 昨日は都立高校推薦入試でした »

2005.01.22

PTA被推薦者会議

今日はPTAの本部役員決めでした。うちの中学は推薦方式なので、立候補者がいない場合は、推薦された人を集めて「被推薦者会議」を開き、話合いによって候補者を決める事になっています。去年、一昨年は被推薦者の側でこの会議に召集されたのですが、今年は本部役員から選出の選挙管理委員として会議を仕切る側でした。

受験生がいるので委員長だけは固辞して副委員長にしてもらったのですが、副二人の相棒の方が役員に推薦され選挙管理委員を降りる事になったので、一人になってしまいました。これで委員長さんも推薦されてたらエライ事でした。被推薦者の側に居るのも嫌なものですが、その気持ちが良くわかるだけに、選挙管理委員側にいるのも気が重い事でした。それ以前に、推薦された方々に会議の通知を出した時点で、欠席の場合の連絡先が正副委員長になっていたので、在宅中の電話が恐怖でした。お断りの電話を受けたくないので居留守使ってやろうかと思ったくらいですが、それじゃ何の為の連絡先かわからないので、そんな訳にも行きませんでした(笑)

結局何人かの方からお断りの電話を頂きましたが、今一緒に本部役員や委員をやってる方からだと、そう何年も続けてやって下さいともお願い出来ず困りました。後は老人介護をされてる方とかも無理は言えません。別な意味で仕方ないな、と思ったのは、仕事が忙しいとかご自分が具合悪いという方で、歩み寄りの余地のない断り方をされる方。どんな理由を言ってでもやりたくないんだなぁと思うと、こちらの胸に冷ややかなモノが流れてしまいます。

結局、再度推薦されていた現会長と現副会長を委員長さんが説得して、各2名の書記と会計は、それぞれ同じ小学校で役員委員をされた方が、一緒にやるなら、と引受けて下さいました。会計のお一人は、私が小学校で副会長やってた時の書記さんだった方なので、引継ぎも心強いです。そんな訳で、来年の役員さん達も、今年の我々同様に、小学校や地域や中学でも上のお子さんで役員委員を経験してる方ばかりです。心強いけれど、でもやはり、やる人は何回もやって、やらない人は一度もやらないで済んでしまうという不公平感は、残ります。

何はともあれ、午前中は選管委員長も実行委員をつとめる小学校の「家庭教育学級」で、午後がこの会議だという連チャンだったので、わりと時間も長引かずに無事決まってホッとしました。これからは来年度以降に向けて、少し役員委員の定数や仕事の分担を見直し、総会にかけられるよう提案しよう、というのが選管の残された仕事になりそうです。

|

« 出力低下 | トップページ | 昨日は都立高校推薦入試でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41966/2663031

この記事へのトラックバック一覧です: PTA被推薦者会議:

« 出力低下 | トップページ | 昨日は都立高校推薦入試でした »