« 掲示板閉鎖 | トップページ | 書店を巡れば »

2005.05.08

薄氷を踏む思いの日々に

先月25日のJR福知山線脱線事故以来、連日JR西日本の悪しき体質に関する話題がTVで放送されています。確かに、そりゃないだいろうと呆れる事も多々ある訳ですが、それを報道する側のJR西日本叩き一辺倒の姿勢には、何か釈然としないものを感じます。

勿論、直接原因となった事柄に対する加害側の責任問題を追及する報道は必要だと思います。でも、例えば今回の事故直後のボーリング大会やゴルフや宴会への批判報道や、会見での記者たちの言動から感じる勧善懲悪的な姿勢には、加害側の責任を問おうという共感は生まれずに、「何を偉そうに」という不快感さえいだいてしまうのです。

マグダラのマリアに石を打とうとした人々を前に、「あなた方の内で、全く罪のないの人から石を投げなさい」と言ったいうキリストの逸話がありますが、日々の報道を見ていてそれを思い出していました。うちのダンナも何か事故の報道を見る度に言うのですが、自分の会社の製品で事故が起きたり、不祥事が発覚したり、って事が自分の身にも起こる可能性はあるんですよね。私自身も仕事上のミスやその他諸々の事で社会的に問題のある不祥事を起こさないとは言い切れません。

何と言うか、既に「叩けば埃の出る身体」ですわね。顧客のお金を預かり、会社や団体のお金を動かして、納期に追われながら利益も出して行かなくちゃいけない、って仕事に、大半の社会人は関わっています。その中で製品の安全性や資金の流れについては、日々薄氷を踏む思いで乗り切っているのが実情じゃないでしょうか。うちの会社や組織は絶対安全、万が一の事態にも完璧に対処できる、と心底自信を持って言える人はどれだけいるでしょう。報道関係のみなさんて、そういう思いを一切しないで仕事出来てるのかしら。

今回の事故だって、そういう中で起こったのだと思います。只一方的に何でもかんでもJR西日本を悪者にする様な報道だけでは、その場限りの責任者の謝罪を取り付けるだけで、本当の意味での今後への展望は見えて来ません。何故危険なカーブがあるのに最新のATSを設置出来なかったのか、今後はどうなるのか。他のJRや交通機関の安全性は大丈夫なのか。被害者やあのマンション住民に対する補償はどうなるのか。そういった事を良い方向で後押しするような報道ならして欲しいと思いますが・・・。

TVでボーリング大会についての報道を見ていたら、ある大学教授の男性が「同じ会社とはいえ、自分の区域の事故じゃないからと、つい他人事のように思ってしまったんでしょうね」とコメントしたら、その発言はバッサリと否定されて、「そんな事を思うなんて考えらない、JR西日本の体質はとんでもない」という方向に話は流れてしまいました。私が感じている違和感に多少は触れるかと期待したのに、残念でした。上司にものを言えない体質も批判の的になってましたが、放送現場にも一定の方向性以外の意見を言えない雰囲気があるんじゃないでしょうか。

「遠き山に日は落ちて・・・」さんの「報道ってのは」にとっても同感だったので、トッラクバックさせていただきます。

|

« 掲示板閉鎖 | トップページ | 書店を巡れば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41966/4036303

この記事へのトラックバック一覧です: 薄氷を踏む思いの日々に:

» 「上司」でブログ検索してみました。 [日刊カタログ]
「 上司 」の検索結果で、「網上徒然話 .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。 [続きを読む]

受信: 2005.05.08 16:21

» 福知山線事故(3)…マスコミにもの申した番組 [D.D.のたわごと]
前回のエントリー「JR福知山線事故(2)…マスコミ,おかしくないか?」(100を超えるTBいただきました。皆さんありがとうございます)のコメント欄に, > こんな偏向報道の風潮に正面切って反論できるのは, > 今の芸能界(←テレビにジャーナリズムはないということで)にいるのは > 橋下徹弁護士くらいじゃないでしょうか。…そんなことを勝手に期待されても > 本人には迷惑かもしれませんが。 > 今日5月8日,よみう... [続きを読む]

受信: 2005.05.08 18:14

« 掲示板閉鎖 | トップページ | 書店を巡れば »