« 光陰矢のごとし | トップページ | ミュージカルバトン »

2005.09.11

9.11

今日は国政選挙でした。投票にはもちろん行ってきました。
只今、各放送局で開票速報放送中ですが、前評判通り自民圧勝なのでしょうか・・・。

開票結果もさる事ながら、TBSで筑紫哲也さんと久米宏さんが並んで司会をしてらっしゃるのにはビックリです。かつて、久米さんのしゃべりに疲れて筑紫さんの番組に乗り換えた事があるのですが、このお二人がこういう番組を一緒に放送する日が来るとは、あの頃は全く考えられなかったなぁ、とそんな事が妙に感慨深いです。

ところで今日は9月11日。あの同時多発テロから4年が経ちますが、ネットをサボっている間に、9.11を題材にした小説を2冊読みました。

1冊は、左下の「こんな本見つけた」でも紹介していますが、リービ英雄さんの「千々にくだけて」(2005/4/28 発行 講談社)です。アメリカ生まれの日本文学者として、活動の拠点である日本と母国を行き来する生活の中で、あの日アメリカへ帰国途中、母国に入れず隣国カナダで足止めをされた、リービさんご自身の体験を元にした作品です。母国に居る家族の安否の心配、日本に居る家族への思い。母国での惨事を、母国の外から日本に暮らす人間として見つめる日々に、自分はアメリカにとって内側の人間なのか外側の人間なのかについても考えさせられます。9.11を、個人の内面というニュース報道とは全く異なる視点から描いている事で、問題を見つめ直させられました。

もう1冊は、柏枝真郷さんの「悼-SORROW-:9.11その夜」
(2005/8/5 発行 講談社X文庫)。3月にblog版「こんな本見つけ」で紹介した硝子の街にて19の続編です。こちらの物語は全くの創作で、シリーズ自体はBL系作品ですが、あの日あの街で個々の市民がどんな体験をしたのか、その一端を伝えていると思います。

|

« 光陰矢のごとし | トップページ | ミュージカルバトン »

コメント

ヒトコさん、お帰りなさい!!
どうされたのかなぁって思ってたんやけど、よかった・・・。
また、よろしくですぅ。

投稿: リリカ | 2005.09.12 00:21

お久しぶりです。お元気でしたか^^
更新していない間もいつもチェックしてましたよ^^

投稿: BUBI | 2005.09.12 18:23

リリカさん、BUBIさん、大変ご無沙汰しておりました。
すっかりサボっておりましたのに、気にかけて下さって、
どうもありがとうございます!

時折ネットから逃避の日々に入ってしまう私ですが、
結局やめる事は出来ずに、また舞い戻って参りました。
今後はこんなに長くサボる事はないと思いますので(たぶん)
またよろしくお願いいたします。

投稿: ヒトコ | 2005.09.12 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41966/5897582

この記事へのトラックバック一覧です: 9.11:

« 光陰矢のごとし | トップページ | ミュージカルバトン »