« 2005年6月 | トップページ | 2005年11月 »

2005.09.18

イサム・ノグチ展

江東区木場の東京都現代美術館で開かれている「イサム・ノグチ展」に行って来ました。実は抽象彫刻なんてさっぱり解らないんですが、この夏放送された被爆60年の特集番組の中で、ノグチさんが広島原爆慰霊碑の設計に関わっていた事を知って、その作品にも興味を持ちました。

イサム・ノグチさんのお名前は、山口淑子さんの著書「李香蘭 私の半生」を読んだ15年位前に初めて知りました。中国で生まれ育った山口さんは、日本人の両親の間に生まれながら、中国人として満州映画の女優をさせられていました。戦後日本に帰って、その「李香蘭」から解放された山口さんは、日本人女優として再出発をします。ちょうどそこの頃、日本で活動していたノグチさんと知り合い、結婚します。父が日本人、母がアメリカ人であるノグチさんは、戦時中二つの祖国の間で悩み、自ら志願して日系アメリカ人の強制移住キャンプで過ごした経験もあるそうです。結婚生活は長く続きませんでしたが、同じく戦争する二つの祖国間で苦しんだ山口さんとは、お互いに共感する部分も多かったのでしょう。

ノグチさんは、普通の室内に置かれるような彫刻から、高さ5メートル以上もあるような大きな彫刻、家具や和紙を使った照明器具から広場や公園の設計までと、幅広いフィールドで作品を作り出した作家です。今年の7月には、亡くなる直前に設計した札幌のモエレ沼公園が完成し、テレビなどでも紹介されていました。

戦後まもなく日本に来ていたノグチさんは、広島原爆慰霊碑の作成を依頼されます。デザインも決まり試作の模型も作られていたそうですが、ノグチさんがアメリカ人でもあるという理由で、依頼は取り消されたそうです。今私たちが目にしている慰霊碑は、建築家の丹下健三さん作によるものです。しかし、川の中州にある平和公園へ渡る平和橋と西平和橋はノグチさんの設計によるもので、その斬新なデザインが印象的です。

結局、抽象芸術というものはよく解りませんでしたが、ノグチさんの作品は、シンプルな造形の中に生きている者への温かい眼差しを感じさせてくれました。美術館内の作品はもちろん手を触れてはいけないし撮影不可なんですが、唯一屋外に展示されていたモエレ沼公園の遊具だけは、遊んでもいいし撮影もOKでした。

050917_tetora

050917_sukaru

左が八面体を組み合わせた「オクテトラ」

右が「プレイ・スカルプチュア」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.15

懐かシネマ「キャバレー」と「竜二」

若い頃からわりと邦画好きなんですが、思い返してみたら意外と多く観てたのが角川映画。薬師丸ひろ子主演作はけっこう観ました。という訳で「キャバレー」といってもライザ・ミネリ主演のではなく、野村宏伸主演の角川春樹監督作品のことです。そういえば野村さんのデビュー作も、薬師丸さんと共演の「メイン・テーマ」でしたね。

で、「キャバレー」。原作は栗本薫さんなんですが、私が初めて読んだ栗本作品もこの小説だったとずっと思っていました。が、暫く前から、本当に読んだのかなぁ、と自分の記憶に自信がなくなって来てました。「キャバレー」を観て栗本薫という作家を知った時、私はてっきり男性作家だと思ってしまって、その後、中島梓としての栗本さんをTVで見るまで、女性であるとは知りませんでした。でも、よく考えたら、原作読んでたら、本編もさることながら後書きとかもあるし、頭から男性だとは思わなかったかも、と思うようになったし、そもそも今のハルキ文庫版には著者近影があるし、当時の角川版にもあったかもしれない・・・。

という事で、この間図書館で借りて文庫版の「キャバレー」を読んでみたんですが、やっぱり読んでなかったみたいな気がします。しかも読んでるうちに、こんな話だったっけ? と映画を観た記憶も不安になって来ました。で、映画情報を検索してみたら、野村さんが演じた俊一と深い関わりをもつヤクザの滝川を演じてたのが、鹿賀丈史さん・・・。嘘、藤竜也だと思ってたよ私・・・。ストーリーは原作と大分違うところもあるみたいなので、原作読んで「こんな話?」と思う部分があるにしても、映画のあらすじ自体を読んでも「こういう話だったっけ?」状態(汗) しかも公開が1986年じゃ既に結婚してたから、そもそも映画も観に行ってなかったのかもしれない。

賠償美津子さんが出演してた事と、野村さんがサックスで「レフト・アローン」を吹いていたという印象は強く残っているのになぁ。私が見たのは、もしや予告編だけ? 20年前の記憶ってそんなにも自分の中で改変されて、観てもいない映画を観て、読んでもいない小説を読んだ気にさせてしまうものなのでしょうか・・・。自分の脳に不安を覚える今日この頃です。記憶を確かめたくて、映画「キャバレー」を観てみようと近所のレンタルビデオ屋に行ったんですが、2軒回ったけど置いてなかった・・・。超マイナーなの? 

「キャバレー」探していたら、 高橋克典主演の「竜二 Forever」というのを見つけたので、とっても懐かしくて、それを借りてきました。やっぱり20年程前に、これは絶対間違えなく観た記憶のある「竜二」という映画の脚本を書き主演した金子正次さんをモデルした映画でした。金子さんは、初主演「竜二」で注目されたんですが、公開された時には病気で亡くなっていました。そのたった1本の主演映画が、とても印象的でした。竜二もヤクザで、妻子の為に一度は足を洗って堅気になったけれど、結局元の世界にしか生きる道を見つけらなかった切ない男の物語でした。

そういえば、根津甚八主演の 「さらば愛しき大地」なども観てたんですが、私って若い頃は、アウトローな話が好きだったんですね(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.13

コミックバトン

こちらもとっても遅い反応になってしまいました。蓮さんからいただいていたコミックバトン、今頃で申し訳ないんですが、書かせてもらいます。思ったより難しいですね。そして思ったより長くなってしまいました。

●Total volume of comic on my Bookshelf(本棚に入ってる漫画単行本の冊数)

30冊くらいかな、少ないです。家の本棚に限りがあるので、この間ついに『ヒカルの碁』と『日露戦争物語』( 江川達也 著 小学館ビックコミックス)にも退去命令が出てしまい、箱詰めになってしまいました。『DRAGON BALL』だってずっとまえから箱詰めなんです(涙)

●Comic thought to be interesting now(今面白い漫画)

『DEATH NOTE』( 大場つぐみ・小畑健 著 WJ連載中)
唯一雑誌連載で読んでる作品なんですが、Lが死んじゃってからテンション下がってます。でもどんな結末になるのか、とっても興味深いので目は離せません。

『イヴの眠り』( 吉田秋生 著 小学館フラワーコミックス )
雑誌連載中ですが、単行本待ちで読んでます。前作『YASHA』は、遺伝子操作により並み外れた能力を持ってしまった有末静と雨宮凛という双児の青年が、何処かで惹かれあいながらも激しく対立していく物語でした。その続編であるこの作品では、静の娘アリサと、死鬼と呼ばれる静のクローンが敵対して行く展開になっています。敵でありながら自分と同じ遺伝子を持つ父の様な兄の様な存在を前にして、アリサが自分をどう見据えて行くのか、が見所です。

●The last comic I bought (最後に買った漫画)

『イヴの眠り』4巻
と同じ時に買った
『原獣文書』8巻( なるしまゆり 著 新書館ウイングスコミックス )
7巻が出たのが2年位前だったので、続きを待ってた割にはどんな展開だったのかすっかり忘れ去っていました(笑)
戦争や自然災害で、人類の暮らせる土地が激減してしまった近未来。未知の新大陸へ調査に出向いた科学者たちは、自分たちとは違う種類の人間に出会う。彼らに伝わる「原獣文書」と進化の謎を追って行く物語・・・、だったんですね。

実はこの後に、どうせ私も読むだろうと息子にねだられて、『鋼の錬金術師』を買う為に1冊100円の援助をさせられました。そりゃ勿論読ませていただきましたわよ。

●Five comic I read to a lot, or that mean a lot to me (よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画)

音楽と一緒で漫画も悩みますね、5作品に絞るの。とりあえず『DRAGON BALL』と『ヒカルの碁』は別格なので、それ以外ということで挙げてみました。

(1)『花ぶらんこゆれて』( 太刀掛秀子 著 集英社りぼんマスコットコミックス)
高校生の時に太刀掛さんの作品を読みたさに「りぼん」を買いはじめて、この連載が終わるまで、二十歳過ぎても買い続けて様に記憶してます(^^;) 乙女ちっくラブの原点で、漫画好きになるきっかけになった作品として思い出深いです。
でも太刀掛さん、結婚されて海外に行かれて、その後帰国されてるらしいですが、漫画はもう描かないのかしら。私が知らないだけかしら。そいえば、紡たくさんなどもどうされたんだろう・・・。

(2)『あさきゆめみし』( 大和和紀 著 講談社コミックスミミ)
学生時代から単行本待ちで読んでいた、「源氏物語」完全漫画訳作品です。この作品で源氏物語の面白さを知り、円地文子や田辺聖子や瀬戸内寂聴の源氏訳を読み、古典にもちょっと触れてみました。でも、六条の御息所や紫の上の悲しみ苦しみは、『あさきゆめみし』を読んで初めて心に迫って理解出来ました。活字以上に物語の真髄を伝えてる部分がある名作だと思います。

(3)『風の谷のナウシカ』( 宮崎駿 著 徳間書店アニメージュ・コミクス)
アニメを観てから読みましたが、この原作のナウシカの方が好きです。今は息子の部屋にあって、かれも何度か読み直したり、友達にも勧めてるみたいです。

(4)『光とともに・・・』( 戸部けいこ 著 秋田書店 )
内容として漫画の範疇に入れていいのか迷いましたが、漫画で伝えられたことでより多くの人に心に届いたのだろうし、私も手にする機会があったのだと思い、5冊の中に入れました。

(5)『夕凪の街 桜の国』( こうの史代 著 双葉社 )
このblogで5月20日にも書きましたが、原爆投下が過去の問題じゃないことを考えさせられる作品でした。今年一番心に残った漫画で、きっとこれからも忘れられない作品になると思います。

母屋のサイト(それこそ全然更新してませんが)の自己紹介でも「好きな漫画」について書いてます。他にも好きな作品は色々あるんですが、ベスト5に入れるとなると難しいですね。

●Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5名)

こちらもミュージカルバトンと同じ理由でパスさせていただきます。
すみませーん。

ということで、気文さん、調子っぱずれの時計さんへトラックバックさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.12

ミュージカルバトン

長らくネットをサボっている間に、ちび丸ままさんからいだたいていた「ミュージカルバトン」なんですが、ずごーく遅れ馳せながら今頃カキコします。

質問1.PCに入っている音楽の容量

殆ど無いです。サイト閲覧してちょこっとDLしたMIDIの曲があるくらいです。基本的にPCは音量も最低もしくは消音状態で、ひっそりとやっているので、CDとかコピーしたことありません・・・。時代遅れ(^^;)
ダンナがオーディオマニアで、狭いリビングに家具の様な(我家が狭いのでそう感じるけど一般的にはそれほど大きくない)スピーカーがあるので、音楽は専らそれで聴いています。

質問2.今聞いている曲

ありません。深夜になろうとしているので、音も無くキーボードに向かってます。
深夜以外ならBGMとして「女子十二楽坊」とかクラッシクをかけてることが多いかな。

質問3. 最後に買ったCD

中島美嘉の『GLAMOROUS SKY』と、さだまさしの最新アルバム『とこしへ』。
先週は映画館のレディースディの日がお休みだったので、「NANA」を観に行ったんですが、中島美嘉さんの歌が良かったので、帰りに主題歌を衝動買いしちゃいました。『とこしへ』はその日が発売日だったので、ほんとはこれだけ買うつもりだったんですが、その前に買ったCDも中島さんのアルバム『MUSIC』で、近頃中島美嘉づいてます。

質問4.良く聴く曲、または自分にとって思い入れのある曲 5曲

5曲というのが難しいですね。最近は気に入ったアルバムを繰返し聴いてる事が多いので、5曲というより5枚になってしまうかなぁ。1曲に思い入れがあるというと、若い頃に聴いたものになっちゃいますね、どうしても。ということで悩むんですが、さださん以外という事で書いてみたいと思います。

(1) 『MUSIC』(中島美嘉)
最近いちばん聴いてるのがこのアルバムなんですが、この中で好きな曲は『桜色舞うころ』かな。

(2) 『ODYSSEY』(平原綾香)
『MUSIC』の前に良く聴いていたアルバムです。『Jupiter』と『明日』が入ってるのでお買い得なんですが、このアルバムを買う気になったのは、『蘇州夜曲』が入ってたからなんです。好きなんです『蘇州夜曲』。で、平原綾香が歌うとどんな感じなんだろうと興味があったんですが、平原さんはやっぱり『Jupiter』と『明日』の方が良いなぁ(^-^) 『蘇州夜曲』は子どもの頃から懐かしのメロディーで親しんでいて好きだったんですが、10年位前に小柳ルミ子の歌で聴いて、心に迫る名曲だと感じました。

(3) 『何日君再来』(鄧麗君―テレサ・テン)
「フヲリィ チュイン ツァイライ」というこの曲を初めて聴いたのは、TVドラマ「さよなら李香蘭」で李香蘭役の沢口靖子が歌ったものでした。綺麗な曲だなぁ、と思って李香蘭本人の歌声で聴いてみたいとレンタル店を探したんですが、日本語で歌ったものしかなくて残念に思っていたら、後にテレサ・テンが中国語で歌っていると知ったんです。この曲は戦前に日中両国で両国の歌手によって歌われ、日中戦争下の『リリー・マルレーン』と言われていた事も、後になって知りました。そういう背景は悲しいんですが、中国語の響きも美しい素敵な曲です。

(4) 『私がいる』(石領聡子)
『花』よりもこの曲をきっかけに石領聡子をよく聴くようになりました。石領さんの歌声を聴いていると何だか元気出てくるようで好きなんですが、この曲には特に励まされました。

(5) 『ささやかなこの人生』(風、というか伊勢正三なのかな)
高校時代に聴いた曲です。「風」の曲は友人に借りてよく聴いていたんですが、特にこの曲が印象深くて今も好きです。90年代になって再リリースされた時は嬉しかったです。「風」をよく聴くようになって、あらためてグレープ(さださんがいた)をじっくり聴くようになったので、そういう意味でも想い出深い曲です。

さださん以外では、こんなところかしら。でも、さださんのCDの次に沢山持ってるのって、実は松田聖子のCDなんですよね。しかし1曲に絞れるほどの思い入れはない、ということになるんでしょうか。

あまりにもネットから遠ざかっていたので、どなたにもバトンを渡せませんが、こんな所かな。という事で、調子っぱずれの時計さんにトラックバックさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.11

9.11

今日は国政選挙でした。投票にはもちろん行ってきました。
只今、各放送局で開票速報放送中ですが、前評判通り自民圧勝なのでしょうか・・・。

開票結果もさる事ながら、TBSで筑紫哲也さんと久米宏さんが並んで司会をしてらっしゃるのにはビックリです。かつて、久米さんのしゃべりに疲れて筑紫さんの番組に乗り換えた事があるのですが、このお二人がこういう番組を一緒に放送する日が来るとは、あの頃は全く考えられなかったなぁ、とそんな事が妙に感慨深いです。

ところで今日は9月11日。あの同時多発テロから4年が経ちますが、ネットをサボっている間に、9.11を題材にした小説を2冊読みました。

1冊は、左下の「こんな本見つけた」でも紹介していますが、リービ英雄さんの「千々にくだけて」(2005/4/28 発行 講談社)です。アメリカ生まれの日本文学者として、活動の拠点である日本と母国を行き来する生活の中で、あの日アメリカへ帰国途中、母国に入れず隣国カナダで足止めをされた、リービさんご自身の体験を元にした作品です。母国に居る家族の安否の心配、日本に居る家族への思い。母国での惨事を、母国の外から日本に暮らす人間として見つめる日々に、自分はアメリカにとって内側の人間なのか外側の人間なのかについても考えさせられます。9.11を、個人の内面というニュース報道とは全く異なる視点から描いている事で、問題を見つめ直させられました。

もう1冊は、柏枝真郷さんの「悼-SORROW-:9.11その夜」
(2005/8/5 発行 講談社X文庫)。3月にblog版「こんな本見つけ」で紹介した硝子の街にて19の続編です。こちらの物語は全くの創作で、シリーズ自体はBL系作品ですが、あの日あの街で個々の市民がどんな体験をしたのか、その一端を伝えていると思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.09.10

光陰矢のごとし

ほんとうに、月日が経つのは速いもので、ちょっとサボり始めたらアッと言う間に3ヶ月が過ぎ去っていました。もの凄く忙しかった訳でも、体調が悪かった訳でもないんですが、何だか今までに無くネットの敷居が高く感じられる日々でして、オフ友にもメールの返事を書いてないというネット筆不精ぶりでございます・・・。しかし、季節も秋に移り変わる頃となり、いくら何でもそろそろ長い夏休みを終えようかなぁ、と出て来ました。

すっかりネット離れしている間に、調子っぱずれの時計さんからのミュージカルバトンと、気文さんからのコミックバトンをいただいておりました。こんなサボリ魔にも声をかけて下さってありがとうございました。大変遅い反応で申し訳ないのですが、近日中に書込みしようと思いっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年11月 »