« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.26

忘れていた、映画『動乱』

今から70年前の今日、政府に不満を持った一部青年将校らの叛乱により、総理大臣官邸他政府要人の居所が襲撃され、内大臣 斎藤実、大蔵大臣 高橋是清、教育総監 渡辺錠太郎らが殺害される事件が起きました。いわゆる2.26事件です。

総理官邸では、時の内閣総理大臣 岡田啓介は無事でしたが、秘書官が殺害され、自宅に居た侍従長 鈴木貫太郎(終戦時には総理大臣になっていた)も銃弾を受け一命は取りとめたものの重症を負いました。陸軍省、参謀本部や警視庁なども襲撃され、東京の中心部である霞ヶ関・三宅坂あたり一帯が占領される事態となりました。政府は戒厳令を施行、叛乱軍を包囲して帰順を呼びかけ、29日には鎮圧する事に成功しました。しかし、この事件を契機に軍部の力は大きくなり、日本は戦争への道をまっしぐらに進む事になりました。

私が子どもの頃には、今の時期になると必ず2.26事件関連のTV番組があったものですが、何時の頃から見かけなくなりました。そんな影響もあってか、ここ何年か私自身も2.26の日を忘れ勝ちだったのですが、今年は数日前に書店で2.26関連の書籍を紹介するポスターを目にして、思い出しました。

2.26事件といえば、吉永小百合さんと高倉健さんが初共演された映画が、この事件を背景とした物語でした。小百合さんファンの私はもちろん劇場へ観に行ったのですが、今日思い出そうとしたら題名が・・・。ネット検索してやっと判りました『動乱』です。この後にお2人が共演された映画『海峡』とごっちゃになってしまって、思い出せなかったです。いくら25程前の事とは云え、小百合さんの映画なのに・・・。映画の詳細はこちらの「goo映画」で紹介されていました。

この映画にも出てきますが、昭和11年(1936年)の2.26事件より4年前、昭和7年(1932年)に5.15事件というのがありました。やはり一部青年将校が起こした事件で、総理大臣犬養毅が射殺されています。この時、首謀者が無期懲役だった他は、青年将校たちへの処罰が禁固15年以下という比較的軽いものだった事が、2.26事件の誘因だとも言われているそうです。

2.26事件の時、実家の父は東京下町に住んでいて小学生でしたが、翌日の朝刊に、真っ黒塗られている記事があった事が印象に残っているそうです。戒厳令による報道規制があったのでしょうか。東京といっても、叛乱軍が占拠している所からは遠かったせいか、その他に強く印象に残っていることは無いようですが、テレビが無かった時代でもメディアから受ける影響って強く残るものなんですね。

ところで、『動乱』探して検索していたら、
ユナイテッド・シネマの『北の零年』製作発表のレポートで、

今から25年前の1979年のことですけども、『動乱』という映画に出演いたしました。ちょうど今頃の時期から北海道のサロベツ原野で撮影し1年がかりの作品になりました。その時に"映画作りってこういうものなんだ"と体験し1年間大変素晴らしいスタッフとキャストの方たちに囲まれいい映画作りができました。その時から"もう一度映画の世界で生きてみよう"と思うようになり25年という年月が経ちました。
という小百合さんの発言を見つけました。111本もの映画に出演されてる彼女にとっても、想い出に残る映画だったんですね。『北の零年』公開当時に私もこの話をTVで聴いたような気もします。たった1年前なの事なのに、思い出せなかったよ『動乱』、トホホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.19

銀盤の・・・何だろう?

スケートリンクをポテポテと歩くその姿は、ペンギンかなぁ。うーん、極寒の地に生息して氷雪に慣れっこの彼らには、一緒にすんな、と文句言われそう気もしますね。

そんな私が、昨日四半世紀ぶりにスケート場に行って参りました。トリノオリンピック開催で、突如スケート熱に目覚めたうちのダンナが、スケート場に行った事がない息子を是非連れて行きたいと思い立ったからです。高校生にもなって、今更親とは行きたがらないかと思った息子も、連日目にする氷上のアスリートたちの姿に心が動いたようです。なら父子ふたりで仲良く行ってくれれば良いものを、「家族で行かなければ意味がない」と妙なこだわりを見せるダンナ。迷惑な話です。

日曜は息子が卓球の練習なので、行けるのは午前中授業で午後が空いてる土曜日だけ。午後昼食を済ませて、近場の遊園地へでも行こうと思ったら、無いんですよスケート場が。ダンナが新入社員の頃行ったという多摩テックもよみうりランドも、いつの間にかスケート場閉鎖してたんですね。学生の頃行った代々木国立競技場や池袋スケートセンターも閉鎖してました。自分達も行く機会がなかったので全然知らなかったですが、スケート人気っていつの間にこんなに下火になっていたんですかね。

結局ネットで調べて、西武沿線の東大和スケート場に行きました。昼食とってから出かけ、道路渋滞もあったりして、着いたのは4時過ぎ。一般滑走は6時までなので、滑れたのは1時間半程でしたが、私にはそれで充分すぎる時間でした。生れて初めて氷の上に立った息子は、最初の1周こそポテポテでしたが、すぐにコツを掴んで滑れるようになりました。小学生の頃ローラーブレードに熱中していたのが功を奏したようです。何とか滑れる程度だったダンナも、1時間後には上達してました。私だけが、最後までポテポテでした(笑)

足が痛くなって休憩してる間に、リンクの一角を仕切って練習してるフィギャー教室の子たちに目が行きました。小学校低学年の女の子も上手に滑っていて、練習用でもちゃんとヒラヒラスカート付きで、それが可愛らしく靡いていました。高学年になると回転ジャンプに挑んでいる子も居て、高さは無いけどしっかり1回転して綺麗に着氷していました。高校生くらいの子もいて、滑る姿勢も中々美しかったです。それこそ、可愛い銀盤の妖精です。練習を続けさせている親御さんは色々大変でしょうが、この中から全国、世界の舞台へ羽ばたく子が出てくるのかもしれない、と眺めていました。

ろくに滑れないのに、転んで手をついて腕が痛くなった私だけなく、いい気になって滑っていたダンナは転んで膝を捻り、息子も手をついて右手首が痛いそうです。今日もいつも通り練習に出かけましたが、息子よ、今日の卓球は大丈夫なのか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.16

サッポロ冬物語

昨日はとっても暖かくて、段々と冬も終りに近づいているんだなぁ、と思う頃になりました。そんな時に今更なんですが、毎年バレンタインにチョコを贈ってくれる友人が、下の写真にあるビールも一緒に送ってくれました。彼女のうちはお母様もさださんファンで、昨年は8月6日の「夏・長崎から」にも行ったそうです。

サッポロ冬物語、今期は何とさだまさしさんのイラスト入りだったんですね。ビールは生協で24本入り箱買いしているので、冬物語はノーチェックでした。今日スーパーを見ましたが、もう売ってないですね。貴重な1本かもしれないので、大事にします!


huyu1

huyu2

クリックして拡大すると、右下に
「 題字イラスト さだまさし 」
とかいてあるのが確認できます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.02.12

あれから1年

はやいもので、息子の高校受験から丸1年が経ち、今年も受験シーズン真っ只中ですね。受験生のいらっしゃるお宅は大変な時期だと思いますが、もう少しの辛抱なので頑張って下さい。

そんな訳で、息子の学校も受験生を迎えました。試験日は休みで前日も午前授業だったのですが、1年は手伝いに駆出されるので、去年は受験生として試験場に居た息子も、今年は在校生として受験生の案内などを担当して来ました。

去年は自分の事だけに必死で考えてもみなかったけれど、あの日案内を担当してくれた先輩達はこんな感じだったんだなぁ、と受験当日を別の視点でみられたのがいい体験だったそうです。前日には、手伝いなんて面倒だから休みたい、と愚痴っていたのに、生意気なことを言う様になったものだと笑っちゃいました。

しかしなぁ、昨日は久々に中学の時の友達と遊びに行ったと思ったら、地元の公園で遊戯王カードやって鬼ごっこした、というので、「高校生としてそれで良いのか、あんた達」と不安になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.07

サラリーマン川柳コンクール

今年も投票の季節がやって来ました、第一生命さんの「サラリーマン川柳コンクール」。もう19回目になるんだそうですが、毎年結構楽しませていただいております。

その中で、これは私の事を詠んだのかと思った作品が幾つかあったので、
ちょっと書いちゃいます。

健診日 前夜だけでも 休肝日  ( ひろみさん )
本当にその通りです。いや、毎日は飲みませんが、
健診日2日程前からは気をつけます。
ポイントの カードで膨らむ 我が財布  ( 無職妻さん )
カードが色々あり過ぎて、レジでジタバタ探してしまう事も多々ありますが、何よりその財布の厚みが殆ど現金じゃない事が淋しい限りです。
我が社では 部長のギャグが クールビズ ( ジョージ・坂本さん )
この方、うちのミーティングでの部長の話を聞きに来たんじゃなかろうか、
と思いましたよ(笑)  そして、
マイブログ 立ち上げたけど 話題なし ( 磯仁さん )
ヤバ、この川柳を話題にしようと思った時点で、
「あんたの事だよ」と言われた気がしました・・・。

いやはや、みなさん同じ様な思いをしているんですね。自分はこんな風に上手くまとめられないけど、「そうそう、それってあるよね!」って川柳ばかり。だからこそベスト100に選ばれたんですね。
無断転載禁止だとは思うんですが、これは引用です、引用。ということで今年も印象に残った作品を紹介してみました。その他の作品は「サラ川ベスト100」で読んでみて下さい。中々笑えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.04

「恵方巻」初体験

生れてこの方ずっと東京多摩地区に住んでおりますが、関東では節分に太巻きを食べるという風習は聞いた事がなくて、ここ数年で浸透して来たようです。そんな訳で、我家でも今年初めて「恵方巻」体験してみました。

会社帰りに寄った百貨店では、テナントの寿司チェーン店に結構な行列が出来てました。ちょっと覗いて、あんな立派な太巻きひとりで1本は食べきれないし、帰ってから我家サイズを手作りする気にもなれないので止めようと思ったら、スーパーに細め太巻きがあったので、それを3本買って帰りました。 

それにしても、百貨店の行列には「最後尾」のプラカード持った店員さんまで居る盛況ぶり。去年よりスゴイ事になっておりました。寿司業界の営業努力の賜物でしょうか。と思って、「フリー百科事典Wikipedia」を見てみたら、海苔業界とコンビニが仕掛けて、一度は途絶えた風習を復活させ全国にまで広めたんですね。

元々関西の風習らしいとは聞いてたんですが、実家の父が大阪出身なのに、いくら父本人が子どもの頃東京に出て来たとは言っても、一緒に暮らしてた祖父母が「恵方巻」の事を話題にした記憶がないのが不思議だなぁ、と思っていたんです。なるほど、復活してまだ30年じゃ祖父母も体験してなかった訳ですね。

今年の恵方は「南南東」だと店にも書いてあったので、例年通り控えめに豆撒きした後、携帯の方位計で確認して食べ始めました。七福神にちなんで7種の具を入れるのが本式らしいですが、そんな事知らなかったので3種類だけの細めにしたんですが、それでも食べでがありました。無言で食べきる、は実行したんですが、目を閉じるも忘れたし・・・。我が家はあんまり御利益ないかもしれなです。

「調子っぱずれの時計」さんにTBさせていただきます。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006.02.03

生協の注文間違え

またヤッテしまいました!

昨日配達された中に、注文した覚えのない「ほうれんそうフルーツミックスジュース」が・・・。「アセロラドリンク」が飲みたかったのになぁ。息子は「マズッ~」と言ってますが、私的には思ったより美味しいし、体に良さそうだからまあいいか。12本入りだから、3人で飲めば4日で無くなる計算だわ。でも昨日は1本を3人で回し飲みしただけだったので、明日からは1人で1本飲みましょう。

たま~にあるんですよね、注文書く欄を間違えてしまう事が。何だか最近とみに目が良く見えないくて・・・。老眼ですね、たぶん。職場で毎月書くコンプライアンス(法令遵守)のチェックシートがあるんですが、配られた時に思わず「字が小さくて見え難い~」と訴えてしまったら、今月はA4判からB4判に拡大印刷されておりました。お若い社員さんにも迷惑かけるパート従業員(老眼)でございます。段々仕事にも影響出てるから、眼鏡作らなきゃいけないかしら。

生協の注文間違えと云えば、以前職場の同期が、黒豆(乾物の)を5袋も注文してしまって、引き取ってくれる人を募集してた事がありましたっけ。これも絶対書く数字を間違えたんじゃなくて、書く欄を間違えたんですよね。その時は人事と笑ってたけど、有り勝ちですわ、この失敗。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »