« サッポロ冬物語 | トップページ | 忘れていた、映画『動乱』 »

2006.02.19

銀盤の・・・何だろう?

スケートリンクをポテポテと歩くその姿は、ペンギンかなぁ。うーん、極寒の地に生息して氷雪に慣れっこの彼らには、一緒にすんな、と文句言われそう気もしますね。

そんな私が、昨日四半世紀ぶりにスケート場に行って参りました。トリノオリンピック開催で、突如スケート熱に目覚めたうちのダンナが、スケート場に行った事がない息子を是非連れて行きたいと思い立ったからです。高校生にもなって、今更親とは行きたがらないかと思った息子も、連日目にする氷上のアスリートたちの姿に心が動いたようです。なら父子ふたりで仲良く行ってくれれば良いものを、「家族で行かなければ意味がない」と妙なこだわりを見せるダンナ。迷惑な話です。

日曜は息子が卓球の練習なので、行けるのは午前中授業で午後が空いてる土曜日だけ。午後昼食を済ませて、近場の遊園地へでも行こうと思ったら、無いんですよスケート場が。ダンナが新入社員の頃行ったという多摩テックもよみうりランドも、いつの間にかスケート場閉鎖してたんですね。学生の頃行った代々木国立競技場や池袋スケートセンターも閉鎖してました。自分達も行く機会がなかったので全然知らなかったですが、スケート人気っていつの間にこんなに下火になっていたんですかね。

結局ネットで調べて、西武沿線の東大和スケート場に行きました。昼食とってから出かけ、道路渋滞もあったりして、着いたのは4時過ぎ。一般滑走は6時までなので、滑れたのは1時間半程でしたが、私にはそれで充分すぎる時間でした。生れて初めて氷の上に立った息子は、最初の1周こそポテポテでしたが、すぐにコツを掴んで滑れるようになりました。小学生の頃ローラーブレードに熱中していたのが功を奏したようです。何とか滑れる程度だったダンナも、1時間後には上達してました。私だけが、最後までポテポテでした(笑)

足が痛くなって休憩してる間に、リンクの一角を仕切って練習してるフィギャー教室の子たちに目が行きました。小学校低学年の女の子も上手に滑っていて、練習用でもちゃんとヒラヒラスカート付きで、それが可愛らしく靡いていました。高学年になると回転ジャンプに挑んでいる子も居て、高さは無いけどしっかり1回転して綺麗に着氷していました。高校生くらいの子もいて、滑る姿勢も中々美しかったです。それこそ、可愛い銀盤の妖精です。練習を続けさせている親御さんは色々大変でしょうが、この中から全国、世界の舞台へ羽ばたく子が出てくるのかもしれない、と眺めていました。

ろくに滑れないのに、転んで手をついて腕が痛くなった私だけなく、いい気になって滑っていたダンナは転んで膝を捻り、息子も手をついて右手首が痛いそうです。今日もいつも通り練習に出かけましたが、息子よ、今日の卓球は大丈夫なのか・・・。

|

« サッポロ冬物語 | トップページ | 忘れていた、映画『動乱』 »

コメント

その後、ヒトコさんご一家の容体(爆)はいかがでしょうか。息子さんはまだ若いから回復は早いでしょうね。
ダンナさまは・・・「銀盤のつかの間妖精」だったのでしょうか・・・今は何になられてるんでしょう・・・・

名古屋はミキティ効果か、スケートリンクは結構にぎわっています。しかもこの地方は「おけいこ事」に結構お金をかける土地柄ですので、スケート教室で第二のミキティやマオちゃんを目指す子が多いようですよ。

投稿: ちび丸まま | 2006.02.20 14:53

ちび丸ままさん、ご心配ありがとうございます。
とりあえず私は、重いものを持たなければ大丈夫になりました。息子も、昨日卓球から帰ってきた時は「明日医者行こうかな」とか大げさな事言ってましたが、今はさほどでもない様です。今朝まだ痛いと言ってたダンナ、普通に出勤しましたが、その後どうなったでしょう。明日は出張なので湿布でも貼って頑張ってもらいましょう。ダンナ、勇んでスケートしてたのに「銀盤からの逆襲」に遭ったような気分でしょうね。でもホントは只の年寄りの冷や水なんですよ。

そちら名古屋はミキティの地元ですものね! スケートが盛んだから良い選手も出てくるんですね。そうすると後に続けと小さい子も頑張る、親も張り切る。でもスケートお金かかりそうで、親御さん達は大変な事でしょう。

ミキティ、記者会見で泣いちゃって大丈夫でしょうか。 記者も選手を動揺させる様な質問してどうするんですか! そういうのは政治家でも相手にやって下さいよ、と思いました。

投稿: ヒトコ | 2006.02.20 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41966/8736378

この記事へのトラックバック一覧です: 銀盤の・・・何だろう?:

« サッポロ冬物語 | トップページ | 忘れていた、映画『動乱』 »