« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.03.16

ATOK導入計画

6年前にOffice2000を使うようになって、ワープロは一太郎からWordに乗り換えたんですが、日本語変換が何だか不便・・・。それで、しばらく一太郎の日本語変換ソフトATOKを入れてWordを使っていたんですが、再インストールの度にATOKだけ入れるのも面倒になり、もう何年もWordの日本語変換ソフMS_IMEを使っています。IMEも使い込めば少しは良くなるかも、と思っていたんですが、blogやメール書いてるだけじゃダメなのか、やっぱり何だか不便なまま。

ATOKをまた入れようかと思うこともあったんですが、今となってはATOKもすっかり古くなってしまいました。ATOK8なんです、何年前だ(^^;) 一太郎をバージョンアップする気は無かったんですが、先月2006が出たと知って、ATOKだけバージョンアップして入れようかな、という事を考えはじめました。うちは一太郎&花子バージョンなんですが、いっその事丸ごとバージョンアップして、花子もまた使ってみようかな、とも思ったりして。んで、すぐに実行しない所が情けないんですが、検討中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.07

未成年者の飲酒喫煙、本音と建前

このところ、未成年の芸能人が飲酒喫煙の発覚で謹慎、という問題が何件かありましたが、今度は高校の野球部員ですか。卒業式を終えたOBの問題で、甲子園に行けなくなった在校生は可哀相です。当事者のOBは、後輩に与えたダメージの大きさをよく肝に銘じて、これからは立場をわきまえた行動を考えて欲しいです。未成年の芸能人も同じです。

いやでもね、未成年の飲酒喫煙は法律で禁じられているのだから、飲酒喫煙自体を問題視しなければいけないのでしょうが、本音を言えばそうじゃないです。芸能人については、何で人目を気にしないで飲酒喫煙などしてるのか、高校卒業生に対しては、何で警察に通報される様な飲み方してるのか、って事に腹が立つんです。飲酒喫煙はダメ、というより自分の立場をわきまえない行動の方に目が行ってしまいます。

勿論、未成年の飲酒喫煙はダメですよね、法律で禁止されてるんだから。でもこれって、「建前上は」って世間の皆さん思っていないでしょうか。高校生の内はと厳しくしている家庭でも、卒業して進学したり、ましてや就職したりした場合は、親元離れてる場合もあるし、もう諦めますよね。私も自信がないです・・。そもそも私の学生時代だって、「高校卒業したんだから、まいいか」って先生方も思ってる節があったし、大学の先生方だって、ご自分も出席する同好会や研究会の集まりでアルコールが出てても、1・2年生は未成年かもって事に注意を払っていた、なんて話を聞いた事はありません。

今は昔より保護者の監督責任も重くなってはいますが、世の中全体は高卒後の飲酒喫煙に甘くないでしょうか。それどころか、職場や大学では酔った成人が新人にお酒を強要しちゃう場合だってありますよね。本気で18歳からの未成年の行動を問題視するのなら、大人の意識を改革しないと、全然減りませんよ未成年の飲酒喫煙。「アルコールは体質的にダメなので」と断る事は大人でも出来るのに、高校卒業後に「未成年だから」と断る土壌が出来てない気がします。20歳までを未成年とする飲酒喫煙問題、つくづく実情とあってない建前だけの法律だと思うんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »