« ダブルパンチ | トップページ | 折り紙のコマとあやめ »

2006.06.18

プラド美術館展と旧岩崎邸

上野の東京都美術館で開催されている「プラド美術館展」に行って来ました。春休みの頃から実家の母に誘われていて、最初は5月の私の休みに予定を入れてたんですが、母が老人会のお仲間から藤田嗣治展(国立近代美術館でやっていた)の招待券をいただいたので、急遽5月22日までだったそちらを優先させました。会期が6月末までとわりと長いので余裕だと思っていたら、意外と二人の予定が合わなくて、やっと行くことが出来ました。

本当は春休み中に息子も連れて行きたかったんですが、何だかちっとも興味を示さないし、予定も合わないしで断念しました。絵を描くのはわりと好きそうなので、若いうちに本物に接して欲しいと思う親心、中々通じませんね。次は夏休みにやるルーブル美術館展を狙ってるんですが、どうなることやら。

それはそうと、平日の美術館は、私達もそうなんですがオバさんが多いですね。中には通な方々もいらして、近くで会話を聞いていると「なるほど」と参考になることもありますが、どこまで正確な情報なのか疑問な事もあり、鵜呑みにしちゃいけませんね。そうかと思うと、画学生さんかな、という若いお嬢さん方もいらして、描画法について専門的な話をしていて、解らないのに思わず聞き耳をたててしまったりもします。

それにしても、細かい描写にこだわっているんですよね。絵とは思えない質感を現している作品もあるし、画家の執念を感じました。色合いとか筆使いとか、画集では伝わないものが実物の絵にはあります。やっぱり良いですね、美術館めぐり。

東京都美術館を出て、せっかく上野に来たのだからと精養軒でランチを食べてから、池之端の「旧岩崎邸庭園」にも回ってみました。三菱の創業者である岩崎弥太郎が建てた邸宅で、英国人が設計した洋館と書院造の座敷がある和館がつながっている、明治時代を象徴するようなお屋敷でした。

三菱という屋号は、岩崎家の家紋が「重ね三階菱」だったのに由来しているそうで、お屋敷のあちこちに菱をデザインした装飾がありました。今も使われてる三菱のマークは、その家紋と、岩崎家が江戸時代に使えていた土佐の山内家の家紋「三つ柏」を合体させたものだそうです。「三菱広報委員会」でも紹介されていますが、それは知らなかったです。土佐山内家の祖は、今年の大河ドラマになっている山内一豊です。そういえばドラマの中でも千代さんがパッチワーク(?)の「三つ柏」の旗を作っていました。

プラド美術館展もさることながら、旧岩崎邸を見られたのが収穫でした。

|

« ダブルパンチ | トップページ | 折り紙のコマとあやめ »

コメント

お母様と一緒に美術館ですか~。いいですね~。
私は結婚してからは、行く事もないですが、
学校のPTAの集まりみたいなので数回、行った
ことがあります。ゆっくりと絵や彫刻を鑑賞する
時間もいいものだとその時は思いましたね。
でも、個人的に行こうと思うと、ウチの田舎では
都会に出るのに気合が必要で・・・
なかなか、腰が上がりません。結局テレビの催し物案内で、
「あ~いいな~。行きたいな~。」って
言ってるだけの私です。

投稿: ふるまん | 2006.06.21 01:15

こんにちは ヒトコさん

美術鑑賞!羨ましいです^^
私も地元の美術館に前年度まではよく足を運んでいたのですが、最近サッパリです。
あの時代の絵画は凄いですね
当時は今のような万能な絵の具では決してなかった時代・・・当時の製法だからこその独特の深みなのでしょうか・・・。

関東の方にはゆきたい美術館が幾つかあり、TVなどで紹介される度、いつも指をくわえて見ています(笑)
いわさきちひろ美術館や、三鷹のジブリ美術館へもいつか行ってみたいです(願)

そうだ!、小畑先生の画集ブラン エ ノワール、ご覧になられたでしょうか?

投稿: エミー | 2006.06.21 16:40

>ふるまんさん

私も結婚してからはずーっと美術館に行ってませんでしたが、
昨年20年ぶり位にひとりで出かけてみたら、それ以来
ちょっとマイブームになっています。

出かけるきっかけは、TVの美術館関係番組だったんですよ。
東京とは名ばかりの片田舎に住んでますが、それでもその気に
なれば都心の美術館や催しにも行けるのはありがたいです。

>エミーさん

美術館めぐり、私は去年から復活したようなものなので、
最近わりとよく行くようになりました。
昔の絵具は、高価な天然石を砕いたものを使ったりしていた
そうですが、今も使われてるものもあれば、
今では再現するのが難しい色などもあるのでしょうね。

絵を見るのは良いですが、入場料が高いのが難点です・・・。
といいながら、私も東京以外にいつか行ってみたい
と思う美術館がいくつかあります。

小畑先生の画集ブラン エ ノワール、心惹かれながら
懐具合が(^^;) でも見てみたいです。

投稿: ヒトコ | 2006.06.24 19:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41966/10572125

この記事へのトラックバック一覧です: プラド美術館展と旧岩崎邸:

« ダブルパンチ | トップページ | 折り紙のコマとあやめ »