« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.23

今年は校歌を聴かず終い

初優勝の時にも書いた様に、全く地元ではないですが、駒大苫小牧高校を密かに応援しておりました。とは言っても仕事の日もあったし、休みの日も野暮用があったりで、どの試合も見てません。ニュースで駒大苫小牧が勝ち進んでる事を確認して喜んでました。

でも、時間があっても、私が見てると負けちゃうんじゃないかと不安になって見られなかったんですよ。決勝戦は日曜で、その日の午後もちょっと出かけたんですが、家に戻った時に、そろそろ決着付いたかなとTVをつけてみたら、延長11回。恐る恐るみちゃったんですが、その回が終わっても決着が付かず、何かドキドキしてTVは消しちゃいました。その後のニュースを見て、明日再試合と知ってビックリしましたよ。また心臓に悪いことを!

ダンナは私が駒大苫小牧を応援してる事を知りながら、「そりゃ地元だから早実を応援するに決まってるでしょ!」と冷たく言い放ってました。そう、東京都下多摩地区に住む私達にとって、地元校といえば国分寺市の早稲田実業。以前出場した時はその名の通り早稲田に学校があったので東東京代表だったのですが、いつの間にか学校が多摩地区に移転していて、西東京代表としては初めての甲子園進出だったそうです。再試合の月曜は仕事で、職場の皆さんも殆どが早実を応援してました。非国民ならぬ非都民ですか、私って・・・。

結果、残念でしたが、決勝戦2回とも球史に残るいい試合だったようで、どちらの選手もご苦労さまでした。プロに行く生徒さんもいるでしょうが、そうでない子たちにも、きっと次のステップへの大きな力になる事だろうと思います。高校生の母として羨ましいです。

私は仕事だった決勝再試合の日、息子は卓球の試合で東京の駒大付属高校へ行ってました。卓球の試合会場には関係なかったでしょうが、校内では応援盛り上がってたんじゃないでしょうか。そりゃもちろん東京だって苫小牧を応援してたと思いますよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.04

保護者同伴オープンキャンパス!?

夏休み、あちこちの大学でオープンキャンパスが開かれています。名ばかりとはいえ東京に住んでいるので、都内から郊外、神奈川、千葉、埼玉と、本人に学力さえあれば、東大をはじめとして(笑)自宅通学可の大学がたくさんあります。そんな訳で、試験を通らなくてもいいオープンキャンパスなら、行き放題です。ただし何校も行くと交通費はかかりますが。

息子はまだ高2ですが、2学期中に3年でのコース別選択授業を決めなければならないようです。その為に、夏休み中にオープンキャンパスへ行って、志望校をある程度決めろという、担任の先生からのご指導がありました。既に3校行きましたが、明日はまたクラスの友達と出かけるそうです。行くのは自由ですが、はっきり言って、息子の学力からすると恐ろしく高望みの大学です。今から死に物狂いで勉強に励んでも難しいと思うのに、夏休みに入ってゲーム三昧の人間には到底無理だと思うよ、私は(^^;)

さて、実は先週、私も息子と一緒に某大学オープンキャンパスに行って来ました。高校受験じゃあるまいし、親も行くなどとは毛頭考えていなかったのですが、担任の一言でついその気になって付いて行きました。ちょうど三者面談の日にオープンキャンパスがある大学があり、午前中に面談を終えたら息子はそちらに行く予定になってました。担任にその話をしたら、「お母さんも行かれるんですか?」と訊かれてビックリしました。「親も行くとは全く考えてませんでした」と話したら、「今は親御さんも行く方が結構いるんですよ」というお話。

何だか凄い過保護な感じがしたんですが、理工系の大学なんて殆ど入った事がなくて、ちょっと興味があったので、行ってみたいかもと思いました。でも息子が嫌がるだろうと、恐るおそる打診してみたら、別にかまわないと言うので付いて行きました。大学に近づくにつれて、そっち方面に向かっている受験生な親子連れなどいないので、段々と気が引けてきました。大学の敷地内に入るのをちょっと躊躇しましたが、受付を見たら親らしき人も数人来てたので、ホッとしました。

しかし、理工系大学に興味津々の私に比べ、当の本人のテンションが低い・・・。あんた、もっと積極的に廻れよ! 研究室の見学させてもらった時も、息子をはじめ当事者の高校生達が誰も質問しないのに、付き添いの私の方が思わず学生さんに色々訊いてしまってました。単なる個人的興味からなんですが、オバさんの図々しさですかね(笑) 見学が終わって廊下に出たら、女の子に付き添って来たお母さんが女子大生に声をかけて、理工系では少数派になる女子の大学生活についてリサーチしてました。女の子ご本人は、黙って母の隣でそれを聞いてました・・・。何処も同じかしら。

最後は私まで学食でタダ飯をいただいて申し訳なかったんですが、学食行ったら他にも親子で来てる方を結構見かけました。自分が受験生だった頃には、高校受験の時でさえ親まで学校見学なんてしてなかったのに、時代は変わったんですね。でもやっぱり、次からは付いて行くにはやめようと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »