« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.18

映画「NANA」続編

昨年映画を観て中々いいなぁと思った「NANA」ですが、最近やっと原作の漫画を読みました。映画のDVDをレンタルして家族で観たら、息子も気に入ったらしく「原作読みたくない?」と誘惑して来るので、つい財布の紐が緩んでしまいました。 つい先日16巻が発売になって、巻末には12月9日に公開になる映画の続編のお知らせもありました。楽しみです。

プロのミュージシャンを目指す大崎ナナと、美大生の恋人を追って来た小松奈々、上京する電車の中で出会った二人のNANAの物語。クールで気が強く意地っ張りだけど意外と脆いところがあるナナと、ミーハーで流されやすく頼り無げだけど思い切りよく前向きな面もあるハチこと奈々。偶然の再会でルームメイトになった二人は、しだいに友情を深めて行くわけですが、それぞれの進路や恋愛問題によって、その関係も前途多難です。付きつ離れつしながら、互いに語りかけるように物語は進行していきます。

昨年の映画では、中島美嘉さんがナナを、宮崎あおいさんがハチを演じていましたが、12月に公開される続編では、ハチ役は宮崎あおいさんに代わって市川由衣さんがなさるそうです。あおいちゃんのハチがもっと観たかったのに残念です・・・。NHKの朝ドラに続いて再来年大河ドラマの主役「篤姫」役にも決まったそうなので、スケジュールが合わなかったのでしょうね。

降板理由に、女優宮崎あおいのイメージとハチのキャラが合わないから、という事も囁かれたようです。確かに続編ではハチのミーハー流され度がアップしてるし、今までの役とはイメージが違うかもしれないけど、そんな理由があったのだとしたら、そこは役者魂を見せて欲しかったですよ。まあ真偽の程は知りませんが。個人的には「篤姫」より「ハチ」が観たかったよ~、とさびしく思います。

ところで、市川由衣さんって存じ上げないんですが、お写真拝見するとビジュアル的には結構ハチぽい感じがするかもです。それからナナの恋人レン役と、バンド最年少メンバーのシン役も、別の方に代わるそうです。シンちゃんは実写版テニプリでリョーマくんを演じた子だそうですが、続編の方が難しい役どころになると思われるので、頑張ってほしいです。というわけで、それはそれで楽しみにしてます。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006.09.07

「祝ご誕生」なのですが・・・。

秋篠宮家に3人目のお子様がお生まれになって、まずはおめでとうございます。

昨日今日と偶然2連休で、昨日は朝からTVを点けてしまった訳ですが、政治家から有識者、一般の方々まで、「親王様」ご誕生を祝う声一色なのを複雑な思いで見ておりました。特に長老といっていい男性政治家や有識者の方が、「皇室典範改正はもう必要ない」と言わんばかりの意見を述べておられたのには、おめでたい話題のはずなのに、微妙に嫌な気分になってしまいました・・・。

昨日お生まれになったばかりで、まだお名前もついていない赤ちゃんに、こんな重い責任を無責任に押し付けてしまう事になるなんて、手放しで喜んでもいられない気分です。だって、今のままでは、最終的に新宮様たったお一人の皇族になってしまいますよ。

ご両親殿下も、たぶん並々ならぬご決意で第3子を産む決心をされたのだろうと思います。一国民として、「将来の皇室のあり方をどうするのか」、具体的には「皇室典範」をどうのように改正するのが良いのか、もう一度じっくり考える時間の猶予を与えて下さった事には、感謝しなければいけませんね。今後どのような事態になったとしても、大変なお立場になるであろう事は目に見えています。せめてお子様のうちは、ご両親やお姉様方の愛情につつまれて、伸びやかにお過ごしになれることを願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.01

やっぱり非都民なのか?

10年後のオリンピック国内候補地が東京に決まった。
福岡が候補地に名乗りを上げた時は「頑張れ福岡!」という気持ちになったのに、横から東京がしゃしゃり出てから「何だかなぁ・・・」な気分になってしまった。自分が都民であっても、必ずしも地元東京で開催してほしいとは思えなかった。なぜだろう。福岡の皆さんは盛り上がってたみたいだけど、東京のみなさんも私以外は盛り上がってたのかしら? 

42年前戦後の復興を象徴するように東京でオリンピックが開かれて、その後大阪万博、札幌冬季オリンピック、n長野冬季オリンピック、去年は愛知万博、次の大きな国際イベントは「九州」、ってバランスも良いと思ってたのになぁ。密かに福岡を応援してたので、福岡優位を信じてたのに、付け焼刃の様な東京でいいのかしら・・・。石原さんはリアリティのある実効性を強調しているけれど、首都である東京が財政面や立地条件など諸々有利なのは当たり前のこと。

東京一極集中を何とかするためにも、やっぱり福岡がよかったのになぁ、と思うのは、私が都民じゃなくて多摩民(?)だからなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »