« 2007年1月 | トップページ | 2007年5月 »

2007.02.11

ドラマ「李香蘭」

今夜と明日、2夜連続でTVドラマ「李香蘭」が放送されます。
放送するTV東京のサイトはこちらです。

15年くらい前に沢口靖子さん主演「さよなら李香蘭」というタイトルでドラマ化された事があります。今回は上戸彩さん主演です。彼女は最近、明るくて能天気な感じの女の子の役が多い気がしてたんですが、金八先生の「鶴本直」とか「あずみ」とか結構ハードな難しい役もこなしているので、どういう李香蘭を演じてくれるのか、楽しみにしています。歌もわりと上手いですよね。中国語の「夜来香」や「何日君再来」が聴けるのかしら、とそれも楽しみです。原作はここの左下でも紹介している、山口淑子さんの「李香蘭を生きて」です。

私は20年くらい前に「李香蘭 私の半生」( 山口淑子・藤原作弥 共著 新潮社文庫)を読んで、李香蘭として生きた山口さんの半生を知りました。子どもの頃から耳にしていた「山口淑子=李香蘭」の謎がよく解りました。

日中戦争最中の昭和10年代、国策として、終戦まで中国人女優「李香蘭」を演じさせられ、中国でも日本でも中国人と信じられていた山口さん。中国人なのに何故日本人に都合の良いような映画に出演するのか。中国の人々から非難を受け、彼らを騙し続ける事に耐えられず満映を去り、「李香蘭」を捨てる覚悟で上海に赴きますが、遂に望みを果たせぬまま終戦を迎えることに・・・。
女優「李香蘭」として生きた彼女の苦悩、終戦と同時に漢奸(中国人でありながら日本に協力した戦犯)容疑で拘束される日々‥‥。そして、政治情勢に翻弄され消息不明となった親友のロシア人リューバとの友情と突然の別れ。時代に翻弄されたひとりの日本人女性の半生が、私たちに問いかけてくるものは大きいです。

戦後帰国した山口さんは、山口淑子として女優やTV番組のキャスターなどで活躍した後、国会議員になりました。私生活では、アメリカ国籍の彫刻家イサム・ノグチさんとの結婚と離婚を経て外交官大鷹氏との結婚されています。現在は政界も引退されて、大鷹淑子さんとして暮らしておられます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年5月 »