« 外山啓介さんのラフマニノフ | トップページ | シエナ・ウインド・オーケストラ »

2008.11.06

モノローグ

昨夜放送のTBS「久米宏のテレビってヤツは!?」という番組に、堀江貴文さんが出ていて、驚きました。たまたまTVをつけてけてチャンネル選択していたら、ちょと色褪せた感じの堀江さんが映っていたので、TBSを見始めちゃいましたよ。
TBS勇気あるなぁ(あんまり褒めてません)。視聴率の為には色々やるものですね。私もまんまと思う壺です。

他のゲストは、杉田かおる、東国原英夫、福岡政行、姜尚中。何かすごいメンバーでした。堀江さんは現在アメブロでblogを書かれているそうですが、自分と同様地検にお世話になった小室さんについて、「栄枯盛衰。諸行無常です。」とコメントされたのが旬な話題ということで、出演依頼されたんでしょうかね。見始めた時には小室さんの話題は一段落したところだったようなので、はっきりはわかりませんが・・・。

堀江さんからはそう面白い話は伺えませんでしたが、他の皆さんのネット利用についての実体験や感想は興味深かったです。久米さんが、メールでうっかり指が滑って余計な事を書いてしまう、って言ってらしたのは意外でした。東国原知事は、そういう事を防ぐためにも、夜遅くには書かないそうです。姜尚中さんは利点は認めながらもご自身はネット不信のようで、杉田さんは炎上経験があってblogをやめたとか(ちょっと記憶違いだったかも)。

そこで福岡先生が問題にされていたのが、blogなどネットでの発信は「モノローグ」だというお話です。正に自分の事を言い当てられたようでハッとしました。このblogにも「ネットの片隅で、 ヒトコの独り言」と書いているとおり、日記的なものをネットで始めた当初から、その自覚はありました。

自分では充分承知の上でやってるつもりが、心のどこかに、ネット的世間では暗黙の了解として受け入れられている、と安心している部分がありました。なので、その発信が一方的な「モノローグ(独白)」に終わっていて、「ダイアローグ(対話)」につながらない、ということを、あらためて言語化されると、考えさせられます。

知事や堀江さんからは、読み手からのリアクションがあるので、一方的な発信に終わっている訳ではない、という反論もありました。でも福岡さんが問題にされたのは、発信者の意識や心理状態のことなのでしょうね。リアクションの有無は次の問題です。知事や堀江さんのように、多くのリアクションが予想される著名な方は、ネットに自分の言葉をUPする時点で、自分の一方的な意見だとしても、ただの「モノローグ」ではない覚悟がおありでしょう。

単なる「モノローグ」になりがちなのは、私のように匿名性のあるハンドルネームで書いている、一般個人ネットワーカーですね。久米さんからは、ネットに書くことで癒されている人も多いでしょう、という意見がでましたが、それは私も同感です。

ただ福岡さんは、ネットなどで「モノローグ」を書く人が多くなる一方で、実際に人前で自分の意見を言えない若者が増えていることを心配されていました。福岡さんは大学の先生ですが、授業で学生に意見を求めても誰も発言しないどころか、出席表を見て指名しても返事さえしてくれない事もあったそうです。それはまた、ネットで「モノローグ」以外にも要因がある問題かもしれませんが…。

姜さんもネットではなく実際の対話を大切にしてほしい、と言っておられたましたが、それはそれもちろん大切なことだと思います。個人的には、ネットを始めてからの方が、家でも外でも自分の意見をよく言うようになったと思うのですが、単にオバタリアン化が加速しただけとか・・・。または、リアルでも一方的意見しか言ってなくて「ダイアローグ」になってないとか、不安です・・・。

|

« 外山啓介さんのラフマニノフ | トップページ | シエナ・ウインド・オーケストラ »

コメント

お久しぶりです~ヽ(´▽`)/

この番組、私も見ましたよ~。何かホントすごいメンバーで、期待以上に楽しめました。
「モノローグ」と「ダイアローグ」のくだりもなるほどと思いました。
個人ブログだとやはり「モノローグ」なのかなとも思いますが、それを読んだ人達が自分の中で何かを考えることがあれば、それは対話になっているのかなとも思いました。
やっぱりブログって、けっこういいものだなと再認識?しました^^

投稿: riro | 2008.11.07 21:21

riroさん
お久しぶりです。
そして、コメントありがとうございます!
すっかりご無沙汰しておりましたが、
最近ちょとblogを更新してみたりしております。

riroさんも「テレヤツ」ご覧になっていたんですね。
おーTBSの術中にハマっている、と思いましたが、
なかなか面白かったです。

ネットの書込みで、blogは掲示板なんかより更に「モノローグ」度が高いかもしれませんが、コメントはしなくても、他の方のblogを読んで色々と思うことがあったり、自分の書込みにこうしてコメント頂けたりするので、単なる「モノローグ」で終わらないことも多いですよね。つい更新が滞りがちにはなりますが、blogやっててよかったな、と思います。

投稿: ヒトコ | 2008.11.07 23:57

お久しぶりです ヒトコさん

私も途中からあの番組を見、とうとうおしまい近くまでチャンネルを変えられませんでした(^^;
「まあ!掘江さん!」
と、彼が何を語るのか聴いてみたかったからかもしれません。
濃いご出演者の方々でありましたね
そんな中だったからか、杉田さんの存在に途中からようやく気づきました(^。^;

ヒトコさんの文面に考えさせられる想いが大きかったです。
ひと頃前、何かで「個人発信の時代」という言葉を耳にしたことが思い出されました
まさにそんな時代だからこそ、人間の対話の原点、「聞く力」をもっと養わねばならない...というその時の話のシメが脳裏に深く残りました。
沢山を語るより、丁寧に聞くことの方が自分がいくつになっても難しいモノなんだなぁ..と、折々に失敗多き私です(>_<;

私もネットを通してのいろいろ
これもやはりよいものだと思うことが多いです^^
自分自身にとってネットがよきものとなるよう心がけていたいと思いました。

なんといってもこうして遠方のヒトコさんとも、ネットの力で出会えたのですから^^
さまざまに明暗含む存在のインターネットですが
時代の恩恵に感謝の気持ちを忘れずいようと改めて思いました。

投稿: 絵美里 | 2008.11.08 17:19

絵美里さん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

あの番組ご覧になってらしたんですね。
私もつい目に留めたら最後まで見ちゃいました。
なかなか濃いゲスト陣だったので、紅一点にもかかわらず、あの杉田さんが、おとなしい印象でした。それに、他のバラエティなどで拝見した時よりバランスの取れた発言をされていて、好感がもてました。

「個人発信の時代」だからこそ、対話の原点である「聞く力」を養うことを心がけなければいけないんですね。ほんとうに重要なことだと思います。でも自分を省みると、全然出来てない・・・。頭で解っても、中々難しいことですね。私も忘れないように気をつけたいと思います。

blogを始める前、自分のHPの掲示版でちょっとトラブルになったことがあって、自分も辛い思いをしましたが、管理人として行き過ぎた行動(発言)で、お会いしたこともない何人かの若い方を傷つけてしまった事がありました。ほんとうにネットでの行動には気をつけなければいけないと反省頻りです。

それでも懲りずにこうしてネットを続けていて、普通だったらお話する機会も接点もなかったかもしれない絵美里さんとも、ネットのおかげでこうして出会えました。ほんとうにネットのおかげですね。わたしもその恩恵に感謝を忘れないようにと思います。

投稿: ヒトコ | 2008.11.08 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41966/43029298

この記事へのトラックバック一覧です: モノローグ:

» 東国原 [りょうの独り言]
モノローグ ... 他のゲストは、杉田かおる、東国原英夫、福岡政行、姜尚中。何... [続きを読む]

受信: 2008.11.08 04:29

« 外山啓介さんのラフマニノフ | トップページ | シエナ・ウインド・オーケストラ »