« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

2008.12.31

今年もあと数時間

毎年暮れの31日はアタフタしているんですが、今日はもうすっかり開き直ってのんびりしています。紅白始まりましたね。今年は年賀状に追われることもないので、あとは年越し蕎麦の用意をするだけです。

それにしても、これほど何もしなかった年末もありませんでした。冗談じゃなく大掃除何にもやらずに大晦日を迎え、今日かろうじてレンジ台と換気扇だけ掃除しました…。
レンジフードは来年でいいや(^^;)

この様に年々主婦業を怠けることだけが進化する私です。
来年はどんな年になるのでしょうか。

それでは皆さま、よいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.14

シエナ・ウインド・オーケストラ

13日(土)は、池袋の東京芸術劇場で、
シエナ・ウインド・オーケストラの吹奏楽を聴いてきました。

この演奏会は、外山啓介さん客演ということで知ったのですが、26日にも職場の方とリサイタル行くし、13日は午前中に用事もあるし(午後2時開演)、当初は行かないつもりでした。でも11月のラフマニノフを聴いて、協奏曲いいよなぁーと思ったので、迷ったんですがチケット残ってたので買っちゃいました。3階だけど良い席でしたし、演奏も楽しめたし、思い切って行って良かったです。

「アメリカン ラプソデイ」と題するプログラムで、ガーシュウィンとコープランド、二人のニューヨーク生まれの音楽家の曲でした。指揮は金聖響さん。

第1部
市民のためのファンファーレ(コープランド)
キューバ序曲(ガーシュウィン)
ラプソディー・イン・ブルー(ガーシュウィン)
第2部
エル・サロン・メヒコ(コープランド)
ロデオ(コープランド) 新編曲初演

外山さんのアンコール「プレリュードⅠ」(ガーシュウィン)
2部のアンコール「ストライク・マップ・ザ・バンド序曲」(ガーシュウィン)
皆で演奏「星条旗よ永遠なれ」(スーザ)

外山啓介さんのピアノ共演は「ラプソディー・イン・ブルー」でした。TVドラマ版「のだめカンタービレ」のエンディングに使われてた曲ですが、ちゃんと聴いたのは今回が初めて。全曲通じて緩急があって、外山さんのピアノも、これまで聴いた曲とは一味違う趣があって素敵でした。そして実は、この曲(と星条旗)以外知らない曲ばかりでした(^^;) でも、新編曲初演だという「ロデオ」も良かったし、吹奏楽も面白いですね。

最後の「星条旗よ永遠なれ」は、楽器を持参した観客は誰でも舞台へ上がって共演できるという、シエナの演奏会では恒例なっているイベントだそうです。どうりで会場に入る時楽器ケース持ってる方を見かけた訳だ、と最後に納得。制服姿の学生さんが多かったのも、皆さん吹奏楽部の方なのかな。今回は居ませんでしたが、指揮希望の方はそれも可だそうですよ。楽器を持たないその他の皆さんも拍手で参加できる曲なので、会場全体が盛り上がり、最後の最後まで楽しませていただきました。

以前TVで、指揮者の佐渡裕さんが、演奏会で楽器持参の観客を舞台に上げて共演してるのを見たことあったんですが、それがシエナだったんですね。今回の指揮は金聖響さんでしたが、シエナの首席指揮者は佐渡裕さんでした。何にも知らずに(というか予習もせず)行った私でした…。

息子が中学の時吹奏楽部にいたので、秋の合唱会や地域行事参加での演奏は聴きに行っていて、子ども達の吹奏楽は好きだったんです。高校の吹奏楽部は、息子が入部してなくても、秋の学祭、春の定演は必ず聴きに行ってました。中学より人数多いし、レベルも上、入学式ですっかりファンになってました。息子にも入部を勧めたんですが、一度見学に行ったきりだったようです。練習が厳しそうなのでやめたのでしょうね、根性無し…。

今度は息子も誘ってシエナ聴きに行きたいな、と思いました。また楽器やる気になったらいいのに、とちょっと期待したりして。舞台共演の話をしたら、自分は舞台に上がりたくないと言ってましたが…。

今回の公演TVカメラが入っていたんですが、
下記の日時にBS-hiで放送されるそうです。
2009年1月16日(金) 6:00~6:55(朝です)
2009年1月23日(金)13:00~13:55(再放送)

2時間以上の演奏を55分に編集しての放送ですが、ご覧になれる方是非どうぞ!
我が家は見られないので残念です…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »