« 今年もあと数時間 | トップページ | サラリーマン川柳 »

2009.02.08

年を跨いで三国志にハマる日々

気がつけば節分も過ぎておりましたが、今年の初書込みです。
思い起こせば、訳も分からずココログを始めて、この夏で5年になります。
年月だけは流れましたが、何の進歩もありません…。
「今年こそは、もう少し更新するぞ」と小さな声で唱えておこうかしら。

正月休みには、初めて一家3人で生オーケストラの演奏を聴きました。
渋谷オーチャードホールでの東京フィルのニューイヤー・コンサートです。
指揮は小林研一郎さん、朝岡聡さんのナビ付きで、初心者にも楽しめました。
個人的には外山さん客演のラフマニノフピアノ協奏曲第2番が目当てだったのですが、
宮本笑里ヴァイオリンも良かったし、「モルダウ」「ボレロ」にも感動しました。

ところで、最近ちょっと三国志に、というか諸葛孔明さんにハマっております。
昨年11月にダンナと「レッド・クリフ」を観たのがキッカケなのですが、
金城武さんが凄く素敵だったから、という訳ではありません。良かったですけど。

三国志は、学生の頃吉川英治版を読んだことがあるので、見りゃ解るだろうと、
何の予習もせずに行ったら、さっぱり物語を思い出せずに唖然。周瑜さえ忘れてた。
こりゃいかんと某三国志小説(知る人ぞ知る江森備さんの著書…)を読んだところ、
すっかりハマっちゃったんです、主人公の孔明さんに(笑)
  
陳舜臣さんの正統派「諸葛孔明」、ちくま学芸文庫「正史三国志・蜀書」諸葛亮伝、
その他いくつか孔明本を読みましたし、果ては図書館で文選の「出師表」やら、
土井晩翠の詩「星落秋風五丈原」も探して読んだりしました。
中でも、小説・人物伝のジャンルを超えて一番惹きつけられたのが、
酒見賢一さんの「泣き虫弱虫諸葛孔明」でした。面白過ぎです、続きが楽しみ。

漫画では、ダンナも昔読んでた横山光輝版が正統派なのでしょうが、
最近では「蒼天航路」も人気らしいので、ちょこっとだけ読みました。
登場人物の解釈がその作画とともに独特で興味深いです。でも絵柄が苦手…。
石ノ森章太郎さんの「三国志諸葛孔明」は簡潔で入門書として良いですね。

それから少女漫画にも三国志ものがあったんですね。
諏訪緑さん「諸葛孔明 時の地平線」は、優しい絵柄で描かれる平和を願う三国志です。覇権を争うロマンではなく、為政者の志と責任を問うている視点が新鮮でした。
英雄達の初恋を描いた長池とも子さんの「三国志列伝 破龍」も、
タイトルの印象とは違い、少女漫画らしい視点でほのぼのと読ませていただきました。

そして白井理恵子さんの4コマ漫画「劉備くん」シリーズに癒されております。
最新作はYAHOO!コミックで読むことが出来ます。

|

« 今年もあと数時間 | トップページ | サラリーマン川柳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41966/43995559

この記事へのトラックバック一覧です: 年を跨いで三国志にハマる日々:

« 今年もあと数時間 | トップページ | サラリーマン川柳 »