« 「レッドクリフII」 | トップページ | 続かないけど、続けている。 »

2009.04.29

映画「MILK」と「アンティーク」

近頃は、たまに更新したかと思えば映画の話題ばかりですが、今月18日公開の映画を都心まで出かけて観ました。公開翌日の19日は新宿バルト9で、ショーン・ペンがアカデミー主演男優賞を受賞した「MILK」、27日はシネカノン有楽町1丁目で、漫画家よしながふみさん原作の韓国映画「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」、という2本でした。

「MILK」はアカデミー賞の話題で初めて知った作品でしたが、同性愛者である事を公表して初めて選挙に当選し公職に付いたハーヴィー・ミルクの物語で、とっても良かったです。上映開始30分前に行ったら、最前列中央と2列目端しか席が残って無いほどの人気ぶりでした。久しぶりの洋画だったうえに、映画で最前列って初めてだったので、ちょっと疲れました…。

それはさておき、この作品は、アカデミー最優秀脚本賞も受賞してたんですね。映画を観てからランディ・シルツが書いた「MILK ― ゲイの市長と呼ばれた男」を読んでいるんですが、映画ではミルクが政治活動に向かう事になった人生を、上手くまとめて描いているなぁ、とあらためて感心した。今度また感想も書きたいですが、私は「伊藤悟さんのブログ」を読ませていただいて、是非観たい映画だと思い、でかけました。

そして「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」、よしながふみさんの漫画が好きで、この作品は、原作も日本のドラマもアニメも観ているので、韓国版がどんな映画か楽しみしてました。ところが公開されたと思ったら、主演俳優さんが麻薬使用で書類送検されるという事態になり驚きましたが、現在上映中の劇場は当初予定の期日まで上映されるようです。映画という時間の制約の中で、描ききれていない部分も多々ありましたが、日本でドラマ化された作品より原作に忠実な展開になっていました。原作ファンの方もそんなに違和感なく楽しめると思います。

|

« 「レッドクリフII」 | トップページ | 続かないけど、続けている。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41966/44828610

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「MILK」と「アンティーク」:

« 「レッドクリフII」 | トップページ | 続かないけど、続けている。 »