« 謹賀新年2010 | トップページ | 折り紙コマの作り方 »

2010.03.06

日本アカデミー賞と、劇場で観た映画

3月になったので、壁紙を桜にしてみました。
毎年、ブログやHPに桜を飾れる季節を楽しみにしているんですが、
この季節は年度末で何やら気忙しくなるのがちょっと難点です…。

そしてこの季節は毎年アカデミー賞が発表されるんですよね。
本家アメリカの前に日本アカデミー賞授賞式が昨日ありました。

最優秀作品賞「沈まぬ太陽」(若松節朗監督)
最優秀アニメーション作品賞「サマーウォーズ」
最優秀監督賞 木村大作(劔岳 点の記)
最優秀脚本賞 西川美和(ディア・ドクター)

最優秀主演男優賞 渡辺謙(沈まぬ太陽)
最優秀主演女優賞 松たか子(ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~)
最優秀助演男優賞 香川照之(劔岳 点の記)
最優秀助演女優賞 余貴美子(ディア・ドクター)

最優秀音楽賞 池辺晋一郎(劔岳 点の記)
最優秀撮影賞 木村大作(劔岳 点の記)
最優秀照明賞 川辺隆之(劔岳 点の記)
最優秀美術賞 種田陽平/矢内京子(ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~)
最優秀録音賞 石寺健一(劔岳 点の記)
最優秀編集賞 新井孝夫(沈まぬ太陽)

最優秀外国作品賞「グラン・トリノ」(クリント・イーストウッド監督)

各部門優秀賞など詳しくは「公式サイト」をご覧ください。
(今日はアクセス集中で重かったですが)

「沈まぬ太陽」と「劔岳 点の記」は劇場で観たのですが、「ディア・ドクター」も「ヴィヨンの妻」も観たいと思いつつ行きそびれて…。息子が良かったと言ってた「サマーウォーズ」も私は観てなく、色々残念です。

個人的には「劔岳 点の記」プッシュだったので、最優秀監督賞をはじめスタッフ部門の受賞と、何より存在感を示した助演の香川さんの受賞が嬉しいです! 極寒の剣岳での過酷な撮影で、本当に大変だったようですね。

木村多江さん目当てに行った感もある「沈まぬ太陽」も、渡辺謙さん熱演で見応えのある作品でしたが、「劔岳」はひたすら山を目指す地味な物語の中にも迫力ある作品でした。先日のブルーリボン賞では、最優秀作品賞と木村監督が新人賞(笑)を受賞されて、よかったです。

「ディア・ドクター」観てないのでなんですが、これまた木村多江さん目当てに観た「ゼロの焦点」での中谷美紀さんがとても良かったので、最優秀助演女優賞取ってほしかったなぁ。木村さんもノミネートされたけど、中谷さんが良かったんですよ。

それから「ジェネラル・ルージュの凱旋」で助演男優賞ノミネートの堺雅人さん、おしかったですが、受賞が香川さんだからね…。来年は是非主演男優賞で!「ゴールデンスランバー」良かったですもの。

「グラン・トリノ」も妻に先立たれた独り暮らしの頑固老人のはなし、という処に興味があって観たんですが、あのプライド優先の自己満足なラストに納得がいかなかったので、うーん…と思ってたんですが、外国作品賞でしたね。それにしてもクリント・イーストウッド監督、日本アカデミー賞何作目でしょうね。何か日本人の心に迫るテーマが多いのでしょう。

ちなみに、昨年5月以降blog更新サボってる間に劇場で観た映画は、
2度目の「ミルク」、「名探偵コナン 漆黒の追跡者」「グラントリノ」
「劔岳 点の記」「アマルフィー女神の報酬」「シネマ歌舞伎 牡丹亭」
「カイジ 人生逆転ゲーム」「BALLAD-名もなき恋のうた」
「ゼロの焦点」「THIS IS IT」「のだめカンタービレ」
今年になって「アバター」「おとうと」「ゴールデンスランバー」
半券で確認したのはこれだけです。

劇場で観る映画はやっぱり良いものですね。

|

« 謹賀新年2010 | トップページ | 折り紙コマの作り方 »

コメント

こんにちは ヒトコさん
お元気なさっておられますか?^^

今年の季節の替わり目、なかなかに激しく、初夏なみに気温が上がってみたり...3月なのに雪めいてみたり...と、日によって10度20度の寒暖差が場所によってはあるようで、驚いてしまいます(@。@;
関東方面、雪が去年から今年にかけて多かったでありましょうか?

アカデミー、それぞれの映画のお話(^^)/
受賞シーン、TVでワクワクしながら観ていました。
ヒトコさんが記された ズラリ並んだ数々の作品名に、「わぁ~、アレもコレも観たかったけど観れなかったなぁ~...」と、各題名に目移り状態(笑)

それでも、その中、ありました ありました..劇場に辿り着けた映画(^^;)/
「サマーウォーズ」は大感激でした!
最初は作品自体よく知らず、しかも我が九州・大分の田舎ではとある遠方の一箇所でしか観れない状態だったので、「もういいか...」と、諦めていたのですが、どうしても観たい!という人に引っ張られ、遠路はるばる観にゆきました。
結果、心の中 昨年夏の宝物のような作品の存在になり、アニメーションというものの良さ改めて感じ嬉しい気持ちになれました。

そして、「コナン」に、「のだめカンタービレ(前編)」と、やはりどちらも力作でありました^^

俳優・香川照之さん、名俳優になられてこられました!あの方の演技力には魅了されます。
もし、遠い昔、ご両親の離婚がなければ、歌舞伎の世界を担うお一人となられ、そうしたら、どれほどに現在の歌舞伎界に貢献された人材となられたであろうか...と、そんな想像をしてしまいます。
これからきっとますますに磨きのかかった役者となられゆくに違いなく、それ思うと楽しみであります!

毎年、沢山の邦画が生まれゆく中、やっぱりいつかヒカ碁の実写版が観たい思いが心にあります(^^;
どなたかいつか、着手してくれないかなぁ~(願)


昨日、近隣の山桜が開花しているのを見つけました。
私もサイト、桜にせねば(^^)/

投稿: 絵美里 | 2010.03.17 10:22

絵美里さんも、コメントありがとうございます。
おかげさまで風邪もひかず、花粉症も加齢とともに(?)症状が軽くなったようで、元気にやっておりました。
絵美里さんもお元気にお過ごしでしたか?

「サマーウォーズ」劇場でご覧になって、とても良かったんですね。やっぱり私も観ればよかった、と今になって後悔してます。DVD借りて観ようかなと思いますが、映画はやっぱり劇場で観るのがいいですよね!
まもなく「のだめカンタービレ(後編)」も公開されるので楽しみにしてます。ヒカ碁も実写映画化されることがあったらいいですね。

香川照之さん、ほんとに存在感のある役者」さんです。今年の大河でも、いい味だしてます。龍馬より岩崎弥太郎がお気に入りです。

もうすぐ桜の季節、そちらでも桜咲きはじめたんでね(^-^)

投稿: ヒトコ | 2010.03.19 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41966/47740851

この記事へのトラックバック一覧です: 日本アカデミー賞と、劇場で観た映画:

» 日本アカデミー賞:「沈まぬ太陽」主演男優賞(渡辺謙)・作品賞・編集賞 米アカデミーは8日 [自分なりの判断のご紹介]
さあ日米アカデミー賞を ご紹介。o(^-^)o といっても本家 米国アカデミー賞は 8日ですから、まずは 日本から。 日本アカデミー賞:渡辺謙、受賞で雄たけび 主演男優賞・作品賞「沈まぬ太陽」 「劔岳」が6冠... [続きを読む]

受信: 2010.03.07 00:05

« 謹賀新年2010 | トップページ | 折り紙コマの作り方 »