2011.10.07

アップルは雲の彼方から

アップルコンピュータの創始者、スティーブ・ジョブズ氏が亡くなられたんですね。まだ50代、やりたい事、心残りはたくさんあったろうと思います。
ご冥福をお祈りします。

私は現在winユーザーですけれど、パーソナルコンピューターというモノを初めて認識したのは、アップルコンピュータによってでした。それを以前母屋のHPに書いていたのを思い出しました。

◇ ◇ ◇

私が職場で、端末の電話回線の繋がり難さにイライラしていた、今から30年近い昔、1本の印象深いCMが放送されていました。

水墨画の様に描かれた雲と、そのひとつに鎮座した観音様が、流れるようにこちらへ向かって来る、という当時としてはインパクトのある出だしの映像。そして、背景の白と墨のこのモノクロの世界に、一際目立つ真っ赤な林檎が、やはり雲の流れと共に登場し(観音様が手にしていたかも?)、英語の発音で一言「アップル」と言うのです。
 最初いったい何のCMだろうと思ったこれこそが、日本で初めて発売されたパーソナルコンピュータ「アップルコンピュータ」のCMだったのです。

製造元はアメリカで、日本語が使えなかった(と思う)このパソコンが、どれだけ売れたのかは記憶にありません。しかし数年の後、マウスでアイコンをクリックする新形式で名前も「マッキントッシュ」となって登場してからは、日本でも多くのユーザーを獲得することになりました。

さて、CMは印象に残ったものの、水墨画に赤い林檎のポスターにひかれて職場の近所にあったショールームなんぞを覗いても、肝心のパソコンには全く興味が湧きませんでした。

ところが、程なく「アップル」と共に暮らす日がやって来ました。結婚してみたら、ダンナが秋葉原でゲットした中古の「アップルⅡ」を愛用していたのでした。「Ⅱ」というからには、あの「アップル」の後継機だったのか(?) とにかく、独身の頃は考えてもみなかった、パソコンのある暮らしが始まったわけです。

キーボードからのコマンド入力で操作し、色も8色だか16色だかしか出なかったし、日本語変換も出来ない、5インチフロッピーの懐かしいやつでした。
最初はダンナが使っているのを横目で見ていた私ですが、ダンナがやっていた「ウイザードリー」というゲームをやってみたら結構ハマって、すっかり「アップル」と仲良しになりました。

◇ ◇ ◇

そういえばPCはwinですが、iPodタッチは毎日持ち歩いているので、アップルには今もお世話になってます。
今は雲の彼方のスティーブ・ジョブズさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.06

モノローグ

昨夜放送のTBS「久米宏のテレビってヤツは!?」という番組に、堀江貴文さんが出ていて、驚きました。たまたまTVをつけてけてチャンネル選択していたら、ちょと色褪せた感じの堀江さんが映っていたので、TBSを見始めちゃいましたよ。
TBS勇気あるなぁ(あんまり褒めてません)。視聴率の為には色々やるものですね。私もまんまと思う壺です。

他のゲストは、杉田かおる、東国原英夫、福岡政行、姜尚中。何かすごいメンバーでした。堀江さんは現在アメブロでblogを書かれているそうですが、自分と同様地検にお世話になった小室さんについて、「栄枯盛衰。諸行無常です。」とコメントされたのが旬な話題ということで、出演依頼されたんでしょうかね。見始めた時には小室さんの話題は一段落したところだったようなので、はっきりはわかりませんが・・・。

堀江さんからはそう面白い話は伺えませんでしたが、他の皆さんのネット利用についての実体験や感想は興味深かったです。久米さんが、メールでうっかり指が滑って余計な事を書いてしまう、って言ってらしたのは意外でした。東国原知事は、そういう事を防ぐためにも、夜遅くには書かないそうです。姜尚中さんは利点は認めながらもご自身はネット不信のようで、杉田さんは炎上経験があってblogをやめたとか(ちょっと記憶違いだったかも)。

そこで福岡先生が問題にされていたのが、blogなどネットでの発信は「モノローグ」だというお話です。正に自分の事を言い当てられたようでハッとしました。このblogにも「ネットの片隅で、 ヒトコの独り言」と書いているとおり、日記的なものをネットで始めた当初から、その自覚はありました。

自分では充分承知の上でやってるつもりが、心のどこかに、ネット的世間では暗黙の了解として受け入れられている、と安心している部分がありました。なので、その発信が一方的な「モノローグ(独白)」に終わっていて、「ダイアローグ(対話)」につながらない、ということを、あらためて言語化されると、考えさせられます。

知事や堀江さんからは、読み手からのリアクションがあるので、一方的な発信に終わっている訳ではない、という反論もありました。でも福岡さんが問題にされたのは、発信者の意識や心理状態のことなのでしょうね。リアクションの有無は次の問題です。知事や堀江さんのように、多くのリアクションが予想される著名な方は、ネットに自分の言葉をUPする時点で、自分の一方的な意見だとしても、ただの「モノローグ」ではない覚悟がおありでしょう。

単なる「モノローグ」になりがちなのは、私のように匿名性のあるハンドルネームで書いている、一般個人ネットワーカーですね。久米さんからは、ネットに書くことで癒されている人も多いでしょう、という意見がでましたが、それは私も同感です。

ただ福岡さんは、ネットなどで「モノローグ」を書く人が多くなる一方で、実際に人前で自分の意見を言えない若者が増えていることを心配されていました。福岡さんは大学の先生ですが、授業で学生に意見を求めても誰も発言しないどころか、出席表を見て指名しても返事さえしてくれない事もあったそうです。それはまた、ネットで「モノローグ」以外にも要因がある問題かもしれませんが…。

姜さんもネットではなく実際の対話を大切にしてほしい、と言っておられたましたが、それはそれもちろん大切なことだと思います。個人的には、ネットを始めてからの方が、家でも外でも自分の意見をよく言うようになったと思うのですが、単にオバタリアン化が加速しただけとか・・・。または、リアルでも一方的意見しか言ってなくて「ダイアローグ」になってないとか、不安です・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006.03.16

ATOK導入計画

6年前にOffice2000を使うようになって、ワープロは一太郎からWordに乗り換えたんですが、日本語変換が何だか不便・・・。それで、しばらく一太郎の日本語変換ソフトATOKを入れてWordを使っていたんですが、再インストールの度にATOKだけ入れるのも面倒になり、もう何年もWordの日本語変換ソフMS_IMEを使っています。IMEも使い込めば少しは良くなるかも、と思っていたんですが、blogやメール書いてるだけじゃダメなのか、やっぱり何だか不便なまま。

ATOKをまた入れようかと思うこともあったんですが、今となってはATOKもすっかり古くなってしまいました。ATOK8なんです、何年前だ(^^;) 一太郎をバージョンアップする気は無かったんですが、先月2006が出たと知って、ATOKだけバージョンアップして入れようかな、という事を考えはじめました。うちは一太郎&花子バージョンなんですが、いっその事丸ごとバージョンアップして、花子もまた使ってみようかな、とも思ったりして。んで、すぐに実行しない所が情けないんですが、検討中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.14

スパム書込みと更新

幸いにもブログのコメントやTBでのスパムは今のところ殆どないのですが、母屋のサイトに置いてる掲示板には、去年の秋頃から3日にあげずアダルト系サイトなどの宣伝書込みがされています。地道にチェックして削除していたんですが、近頃全くサイトの更新もしておらず利用者もあまり居ない掲示板なので、12月に入ったくらいからリンクを外してLOGだけ載せています。

どうしたものかと思っていたら、ヒカルの碁サイトの素材をいただいている「囲碁サーチさんのブログ」に、cgiのファイル名を変えたら迷惑書込みがなくなった、という事が紹介されたていましたので、私もやってみる事にしました。うちの掲示板は、フリーのcgiをDLして使っているんですが、実は私cgiの事はさっぱり解りません。ファイル名を変えたらちゃんと動作しなくなるんじゃないかと思い、今まで全てデフォルトのまま使っていたんです。でも、変えてもちゃんと動作する事が解りました。しばらくは新旧比べて見て、新しい方に迷惑カキコが来ない様なら掲示板再開しようと思っている所です。囲碁サーチさん、ありがとうございました。

ところで、ヒカルの碁サイトの感想も久々に更新したんですが、時間があったら越智君や社君の事も書きたい、などと思ってしまいました。やっぱり良いですねヒカ碁。脇役の皆さんも魅力的です。そんなヒカ碁を見て囲碁を始めた我が息子、2学期から高校の囲碁部にも入れてもらったんですが、1年生は他にいないらしいんです。このまま行くと来年の今頃は小池君状態になる事必至です。そういえば最近は地元児童館でも囲碁人口がめっき減ってる様なので、夕方にでもアニメの再放送してくれないかしら、と密かに願っております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.10

光陰矢のごとし

ほんとうに、月日が経つのは速いもので、ちょっとサボり始めたらアッと言う間に3ヶ月が過ぎ去っていました。もの凄く忙しかった訳でも、体調が悪かった訳でもないんですが、何だか今までに無くネットの敷居が高く感じられる日々でして、オフ友にもメールの返事を書いてないというネット筆不精ぶりでございます・・・。しかし、季節も秋に移り変わる頃となり、いくら何でもそろそろ長い夏休みを終えようかなぁ、と出て来ました。

すっかりネット離れしている間に、調子っぱずれの時計さんからのミュージカルバトンと、気文さんからのコミックバトンをいただいておりました。こんなサボリ魔にも声をかけて下さってありがとうございました。大変遅い反応で申し訳ないのですが、近日中に書込みしようと思いっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.11

あれ、コメント出来てなかった・・・。

コメントを送信すると、何故だかココログ全文検索「ココログル」に行ってしまってたんですね。よく解りませんが、何か設定を間違っていると思われる「ココログル」の窓を外しました。

試しに自分でコメント書いてみたら直ってました。多分全文検索付けてからですから、ここ1ヶ月位の間にコメントに来て下さった方がいらしたら、大変申し訳ない事を致しました。すみません。今まで自分でコメント付ける事がなかったので、コメント出来ない事を教えていただくまで、全然気が付きませんでした。

こんな事になっているとはつゆ知らず、今日は溜まりに溜まった録画ビデオのダビングなどしながら、タイトルバックの壁紙探しをしてました(^^;) 関東地方も梅雨入りして、この時期の花と言えば紫陽花なんですが、今回は最近子どもの頃程見かけなくなった露草にしてみました。紫陽花よりは遅く咲くので、どちらかと云うと夏の花かもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.01

掲示板閉鎖

息子が高校に通い始め、ダンナも移動があって出勤が1時間位早くなったので、今までのんびり7時過ぎに起きていた私も、6時前起床の生活になりました。高校は土曜も授業があって、その後囲碁教室に行くので、弁当は作りは週6日。既にメニューに行き詰まりを感じる今日この頃です。GW突入で一息ついてますが、気温の高い季節に向かうその後を思うと、一層弁当作りに悩みそうです。

私自身も職場で移動があって、今までとは違う仕事をする事になりました。チーム内での移動なので、0からの出発ではないんですが、覚えなきゃいけない事も沢山あるので、老化しつつある脳に喝を入れて、先輩パートさんや若い社員さん達に余計な苦労かけない様にしなければ。そんなこんなで疲れ気味の4月でした。

母屋のサイトの更新も、ほんとに中々出来なくなっているんですが、内容の更新より気を使うのが掲示板の運営でした。まめに対応出来なくなったので、過去に一番来訪者が多かったドラゴンボール頁の掲示板は一時休止にしていたんですが、再開を断念して閉鎖することにしました。休止しようと思った時に思い切って閉鎖しとけば良かったんですが、自分の中に何となく未練があったんですね。

色々な方に書込みに来ていただいて楽しい思い出も沢山あります。いつも書込みに来て下さってた方が、それぞれご自分のサイトを開設されて行かれたのも嬉しかったです。

荒らしさんも何度か来て「ドヒャー」と思った事もありましたが、そんなのはサクサク削除すれば済むことなので、まめにアクセスさえしていれば大した問題ではありませんでした。一番気を使ったのは、常連さん同士の意見の食い違いを交通整理しなくてはいけない事態が生じた時で、決断力のない私には試練でした(^^;) それから、困った発言への注意にも頭を悩ませました。削除しただけで済むモノは良いのですが、発言者以外の方にも管理者としての意思表示をしなくちゃいけない場合は、困りました。自分の都合(管理人としての面子を含め)を優先したばかりに、発言者の方からエライお叱りのメールを頂いた事もありました。

詳しくは書けませんが、対応が悪かったばかりに何人もの方を傷つける結果になってしまった失敗もありました。今現在の認識をあの時に持っていたら、と今も後悔し続けていることもあります。そういう事も含めて、書込みして下さった皆さんには、色々学ばせてもらう所が多かったです。4年半程の間でしたが、来てくださった方に感謝しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.18

パソコン通信サービス終了

@niftyの2月16日付けサポートトピックス 「ワープロ・パソコン通信」サービスの終了について によると、1987年から運営してきたこのサービスは今後順次縮小し、2006年3月31日をもって終了する事になったそうです。中でも一番利用していた「フォーラム」と「パティオ」は、来月一杯で終了し、会議室のログなども残らないそうです。

私がネットを始めたのは、BIGLOBEの前身であったNECのパソコン通信「PC-VAN」で、ミセスだけの会員制フォーラムに参加した12年前のことでした。それから3年程して、@niftyの前身である「NIFTY-Serve」のアニメフォーラムに書込みする様になりました。2001年に「PC-VAN」がサービスを終了した時も、一抹の淋しさを感じたものですが、ニフティのパソコン通信もついに終了するのかと思うと、ネット社会もひとつの時代を終えたなぁ、という感慨を覚えずにはいられません。

パソコン通信での、ネットならではの文字だけの交流は、インターネットほどに開かれた場ではなかったが為に、場に集まる人々に親和性を持たせ、他人の目を強く意識しつつも自分を出して行く、という緊張感をも持たせてくれました。匿名性の中にも、固定ハンドルでの個人の識別への拘りがあったようにも思います。

インターネットでは、blogの利用者も増えたりして、個人が発信して行く敷居は低くなったし、絵や写真、動画などのUPも可能になって、文字以外での表現も出来るようになりました。でも、あのパソコン通信独特の雰囲気が、今も懐かしくなる事があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.08

感謝! 私にも出来たコメントのツリー化

すきまさんのblogの「ようやくブログのコメントをツリー化」で、ご自身がご覧になって一番解説がわかりやすかった、と紹介されていた、「くくさんののっぺりブログ」さんを参考にして、私もコメントのツリー化に挑戦してみました。

勉強不足な私は、必要なファイルを自分のblog上へアップロードする、というのが解らなくて、今まで使ってる他のファイル同様に母屋HPの方へアップロードして呼び出してみました。それ以外は説明通りにやってみましたら、出来ましたよコメントのツリー化! よくよく理解はしてないですが、とにかくツリーになっております。すきまさん、くくさん、どうもありがとうございます!

ところでうちは、お金を掛けずにやっているココログベーシックなので、色々とレイアウトのカスタマイズは出来ません。その中でなんとかしようと、悪足掻きをして「設定」のサブタイトルの所に下記の様なHTMLタグを書き込んでいます。

<body background="壁紙の画像のURL" BGPROPERTIES=FIXED> ネットの片隅で、 ヒトコの独り言 <center><IMG src="鶯の画像のURL" border="0"></center></body>

その結果が左右のバックの花柄と、タイトル下の梅と鶯なんですが、本当はタイトルバックの方に壁紙を表示したかったんですが、これしか出来ませんでした(^^;) 余計な事しているおかげで重くなっているんですが、暫く遊んでみようかなと思ってます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.01.20

夜回り先生のTV番組

昨年9月末で高校教師を辞められた水谷修さんの最新刊「夜回り先生の卒業証書」が、年末に発売されました。これまでに出会った子ども達、夜回りという活動の総集編という意味合いと、サブタイトルにも「冬来たりなば春遠からじ」とあるように、子ども達の明日への思いを伝えています。

出版元の日本評論社のサイトに、明日21日夕方6時55分から「完全実録!夜回り先生 若者たちを救い続けた13年の闘い!」という番組がTBS系で放映されるというお知らせがありました。私も先ほど初めて知って、ビデオの録画予約をしましたが、これまでのTV番組等見そびれた方、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

実はこの裏番組になってしまうのですが、7時30分から「NHKの特報首都圏」でブログに関する話題を取り上げるようなので、そちらも気になっているのですが。これは忘れないようにリアルタイムで見ようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)